Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランスのアイルランド遠征(Expédition d'Irlande、Expedition to Ireland)は、フランス第一共和政がフランス革命戦争のさなかに行った軍事計画である。アイルランドの共和主義者で、イギリス支配への抗議活動家であるユナイテッド・アイリッシュメン支援のものだったが、結局は失敗した。この計画は1796年から1797年の冬に、大規模な遠征軍をアイルランドに上陸させ、ユナイテッド・アイリッシュメンと合流させてイギリスを追い払おうとしたもので、フランスとしては、イギリスの士気、権威、そして軍事的成功に大きな打撃を与え、そして、アイルランド侵攻と同時にイギリス本土へ侵攻を仕掛ける、その第一段階とする予定だった。この遠征のため、フランスはおよそ1万5千人もの登録兵を、1796年末にルイ=ラザール・オッシュ指揮のもとブレストに集結させ、12月にバントリー湾から大規模な上陸する手はずを整えた。この遠征が行われた1796年の冬は、18世紀でも最も厳しい天候に見舞われたが、フランス軍はこの天候を考慮に入れた準備をしていなかった。付近を巡航していたイギリスの複数のフリゲート艦が、フランス艦隊の出航を監視しており、冬の強風を避けてスピットヘッドに退いているイギリス海峡艦隊に、敵軍の情報を知らせた。フランス軍は、出港時に指揮系統が混乱し、ブレストへ向かう艦隊は四散した。そのうちの1隻は、難破して多数の死者を出し、他の艦も統率がとれなくなっていた。まとまりを欠いたフランス艦隊の戦列艦は、12月末にどうにかバントリー湾へたどり着いたが、指揮官たちがかなり沖へ追いやられており、指揮官なしでは、艦隊はどういう行動を取るべきかがわからず、荒れた天候下では、侵攻のための組織だった上陸は不可能だった。この荒れた冬は、1708年以来のことだった。それから1週間のうちに艦隊は解体され、小戦隊と個々の艦とが、嵐、霧、そしてイギリス軍の偵察の中をブレストへと戻って行った。イギリス軍は、侵攻の前後にも、侵攻を行っている間にも、フランスの先手を打った、効果的な妨害は不可能だった。コークからの数隻の艦が、孤立していたフランスの軍艦と輸送艦を拿捕し、エドワード・ペリューが1797年1月13日の海戦で、フランス艦隊の戦列艦であるドロワ・ド・ロムを座礁させ、1000人以上の乗員がこれで死んだ。このペリューの行動が、唯一のイギリスの意味のある対応だった。フランス軍は12の艦を拿捕され、あるいは難破させられて、何千人もの兵士や水兵が溺死した。唯一の例外は、1人が捕虜としてアイルランドに連行されたことだけだった。両国の海軍は、この作戦での行動で政府から批判されたが、フランス軍は、1798年に再び上陸を試みるよう奨励され、同年の8月に2000人の兵を上陸させたが、アイルランド反乱に影響を及ぼすことができず、また、この時も多くの兵と艦とを失った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2701765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 195 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56760998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • アイルランド侵攻の終焉、またはフレンチ・アルマダの壊滅 ジェームズ・ギルレイ作
prop-ja:casualties
  • 12 (xsd:integer)
  • 戦死または溺死2230人
  • 捕囚1000人
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • フランスのアイルランド遠征
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:latitude
  • 51.680000 (xsd:double)
prop-ja:longitude
  • -9.450000 (xsd:double)
prop-ja:mapCaption
  • アイルランド
prop-ja:mapLabel
  • バントリー
prop-ja:mapSize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:mapType
  • Ireland
prop-ja:partof
prop-ja:place
prop-ja:result
  • イギリスの勝利
prop-ja:strength
  • 軍艦13隻
  • 陸海軍兵及び海兵15-2万
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランスのアイルランド遠征(Expédition d'Irlande、Expedition to Ireland)は、フランス第一共和政がフランス革命戦争のさなかに行った軍事計画である。アイルランドの共和主義者で、イギリス支配への抗議活動家であるユナイテッド・アイリッシュメン支援のものだったが、結局は失敗した。この計画は1796年から1797年の冬に、大規模な遠征軍をアイルランドに上陸させ、ユナイテッド・アイリッシュメンと合流させてイギリスを追い払おうとしたもので、フランスとしては、イギリスの士気、権威、そして軍事的成功に大きな打撃を与え、そして、アイルランド侵攻と同時にイギリス本土へ侵攻を仕掛ける、その第一段階とする予定だった。この遠征のため、フランスはおよそ1万5千人もの登録兵を、1796年末にルイ=ラザール・オッシュ指揮のもとブレストに集結させ、12月にバントリー湾から大規模な上陸する手はずを整えた。この遠征が行われた1796年の冬は、18世紀でも最も厳しい天候に見舞われたが、フランス軍はこの天候を考慮に入れた準備をしていなかった。付近を巡航していたイギリスの複数のフリゲート艦が、フランス艦隊の出航を監視しており、冬の強風を避けてスピットヘッドに退いているイギリス海峡艦隊に、敵軍の情報を知らせた。フランス軍は、出港時に指揮系統が混乱し、ブレストへ向かう艦隊は四散した。そのうちの1隻は、難破して多数の死者を出し、他の艦も統率がとれなくなっていた。まとまりを欠いたフランス艦隊の戦列艦は、12月末にどうにかバントリー湾へたどり着いたが、指揮官たちがかなり沖へ追いやられており、指揮官なしでは、艦隊はどういう行動を取るべきかがわからず、荒れた天候下では、侵攻のための組織だった上陸は不可能だった。この荒れた冬は、1708年以来のことだった。それから1週間のうちに艦隊は解体され、小戦隊と個々の艦とが、嵐、霧、そしてイギリス軍の偵察の中をブレストへと戻って行った。イギリス軍は、侵攻の前後にも、侵攻を行っている間にも、フランスの先手を打った、効果的な妨害は不可能だった。コークからの数隻の艦が、孤立していたフランスの軍艦と輸送艦を拿捕し、エドワード・ペリューが1797年1月13日の海戦で、フランス艦隊の戦列艦であるドロワ・ド・ロムを座礁させ、1000人以上の乗員がこれで死んだ。このペリューの行動が、唯一のイギリスの意味のある対応だった。フランス軍は12の艦を拿捕され、あるいは難破させられて、何千人もの兵士や水兵が溺死した。唯一の例外は、1人が捕虜としてアイルランドに連行されたことだけだった。両国の海軍は、この作戦での行動で政府から批判されたが、フランス軍は、1798年に再び上陸を試みるよう奨励され、同年の8月に2000人の兵を上陸させたが、アイルランド反乱に影響を及ぼすことができず、また、この時も多くの兵と艦とを失った。
rdfs:label
  • フランスのアイルランド遠征
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of