Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランジャー(flanger)とは、元の音声信号と、それを僅かに遅延させた音声信号の干渉により音を変化させるエフェクターである。ADTの際、2台のテープ・レコーダーの一方のテープ・フランジ(テープ・リールの縁)に手を添えるなどして遅延を与えた効果に由来する。フェイザーと似ているが、フェイザーによる周波数特性のディップは、ノッチフィルタ状になるが、フランジャーによる周波数特性のディップは、周期的なコムフィルタ状になる。楽器音にフランジャーをかけると、独特のうねりを持ったサウンドを作ることができ、深くかけると金属的な音を作ることができる。ホワイトノイズにかけるとジェット機のエンジン音の様な強烈なノイズを作ることもできる。原理としてはコーラスエフェクトとほぼ同じであり、その違いはエフェクト音の遅延の長さとフィードバック回数などによる。よって、設定の細かいコーラスではフランジャーに似たサウンドを作ることも出来、反対に設定の細かいフランジャーではコーラスのようなサウンドも作成可能。実際、「コーラス/フランジャー」として一台に集約された機器や、マルチエフェクタ類ではプリセットが「コーラス/フランジャー」として同一エフェクトとされていることも多い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 869018 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52717787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランジャー(flanger)とは、元の音声信号と、それを僅かに遅延させた音声信号の干渉により音を変化させるエフェクターである。ADTの際、2台のテープ・レコーダーの一方のテープ・フランジ(テープ・リールの縁)に手を添えるなどして遅延を与えた効果に由来する。フェイザーと似ているが、フェイザーによる周波数特性のディップは、ノッチフィルタ状になるが、フランジャーによる周波数特性のディップは、周期的なコムフィルタ状になる。楽器音にフランジャーをかけると、独特のうねりを持ったサウンドを作ることができ、深くかけると金属的な音を作ることができる。ホワイトノイズにかけるとジェット機のエンジン音の様な強烈なノイズを作ることもできる。原理としてはコーラスエフェクトとほぼ同じであり、その違いはエフェクト音の遅延の長さとフィードバック回数などによる。よって、設定の細かいコーラスではフランジャーに似たサウンドを作ることも出来、反対に設定の細かいフランジャーではコーラスのようなサウンドも作成可能。実際、「コーラス/フランジャー」として一台に集約された機器や、マルチエフェクタ類ではプリセットが「コーラス/フランジャー」として同一エフェクトとされていることも多い。
rdfs:label
  • フランジャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of