Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランシス・マクローリン=ギル(Frances McLaughlin-Gill、1919年-)は、アメリカ合衆国の女性写真家。主としてファッション写真の分野で活躍する。生まれたときの名は「フランシス・マクローリン」だが、結婚(夫は写真家のレスリー・ギル、Leslie Gill、1908-1958)後は、「フランシス・マクローリン=ギル」と名乗った。ニューヨークにて生まれる。Pratt Instituteにて美術を学ぶ。同時期に写真も学ぶ。ヴォーグの写真に関する公募に応募し、注目を集めた。ヴォーグのFashion Coordinator、Assistant Photographerを経て、1943年には、アレクサンダー・リーバーマンの推薦で正式にコンデ・ナスト社(Condé Nast、雑誌ではヴォーグ、グラマーなど)の契約写真家となった。1955年からはフリーとなって活躍。2011年現在ニューヨークに在住。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2387587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45529602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランシス・マクローリン=ギル(Frances McLaughlin-Gill、1919年-)は、アメリカ合衆国の女性写真家。主としてファッション写真の分野で活躍する。生まれたときの名は「フランシス・マクローリン」だが、結婚(夫は写真家のレスリー・ギル、Leslie Gill、1908-1958)後は、「フランシス・マクローリン=ギル」と名乗った。ニューヨークにて生まれる。Pratt Instituteにて美術を学ぶ。同時期に写真も学ぶ。ヴォーグの写真に関する公募に応募し、注目を集めた。ヴォーグのFashion Coordinator、Assistant Photographerを経て、1943年には、アレクサンダー・リーバーマンの推薦で正式にコンデ・ナスト社(Condé Nast、雑誌ではヴォーグ、グラマーなど)の契約写真家となった。1955年からはフリーとなって活躍。2011年現在ニューヨークに在住。
rdfs:label
  • フランシス・マクローリン=ギル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of