Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランシス・ニコルソン(英: Francis Nicholson、1655年11月12日 - 1727年3月5日/1728年3月16日)は、イギリス軍の軍人であり、植民地の管理者である。その軍歴にはアフリカやヨーロッパでの任務があり、その後ニューイングランド自治領で総督エドマンド・アンドロス卿を支援するための軍隊指揮官として派遣された。そこで頭角を現し、1688年には自治領の副総督に指名された。1689年、名誉革命の報せが植民地に届くと、アンドロスはボストン暴動でその支配者の地位を追われた。ニコルソン自身も間もなくニューヨーク植民地での暴動中に捕まり、イングランドに逃げ帰った。その後はメリーランド植民地総督とバージニア植民地総督を務めた。ウィリアム・アンド・メアリー大学の設立を支持し、アンドロスがニコルソンを越えてバージニア植民地総督に選ばれた後で、アンドロスと喧嘩した。1709年、アン女王戦争中の植民地における軍事行動に巻き込まれるようになり、カナダに対する遠征を率いたが失敗した。その後、アカディアのポートロワイヤルに対する包囲を行い、1710年10月2日に陥落させた(ポートロワイヤルの戦い (1710年))。その後は、ノバスコシアとプラセンティアの総督となり、サウスカロライナ植民地でその領主に対する反乱が起きた後では、そこの初代王命総督になった。ニコルソンは中将の位に昇り、1728年にロンドンで独身のまま死んだ。ニコルソンは植民地における公共教育を支持し、イギリス海外福音伝道会や王立協会の会員だった。アメリカの建築にも影響を与え、メリーランド州アナポリスやバージニア州ウィリアムズバーグの町の区画割りや設計を行った。植民地の統合を早くから提唱した者であり、主に共通の敵からの防衛がその理由だった。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3238365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56568772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:as
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthDate
  • --11-12
prop-ja:birthPlace
prop-ja:buried
prop-ja:dateOfBirth
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • --03-16
prop-ja:deathPlace
prop-ja:imageCaption
  • ニコルソンのものと考えられる肖像画、マイケル・ダール画とされる
prop-ja:monarch
prop-ja:name
  • フランシス・ニコルソン
  • Francis Nicholson
  • Nicholson, Francis
prop-ja:office
prop-ja:placeOfBirth
  • Downholme, Yorkshire
prop-ja:placeOfDeath
  • London
prop-ja:rank
prop-ja:religion
prop-ja:shortDescription
  • British Army general, colonial administrator
prop-ja:signature
  • FrancisNicholsonSignature.png
prop-ja:termEnd
  • 1698 (xsd:integer)
  • 1705 (xsd:integer)
  • 1715 (xsd:integer)
  • 1725 (xsd:integer)
prop-ja:termStart
  • 1694 (xsd:integer)
  • 1698 (xsd:integer)
  • 1712 (xsd:integer)
  • 1721 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1688 (xsd:integer)
  • 1694 (xsd:integer)
  • 1698 (xsd:integer)
  • 1712 (xsd:integer)
  • 1721 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フランシス・ニコルソン(英: Francis Nicholson、1655年11月12日 - 1727年3月5日/1728年3月16日)は、イギリス軍の軍人であり、植民地の管理者である。その軍歴にはアフリカやヨーロッパでの任務があり、その後ニューイングランド自治領で総督エドマンド・アンドロス卿を支援するための軍隊指揮官として派遣された。そこで頭角を現し、1688年には自治領の副総督に指名された。1689年、名誉革命の報せが植民地に届くと、アンドロスはボストン暴動でその支配者の地位を追われた。ニコルソン自身も間もなくニューヨーク植民地での暴動中に捕まり、イングランドに逃げ帰った。その後はメリーランド植民地総督とバージニア植民地総督を務めた。ウィリアム・アンド・メアリー大学の設立を支持し、アンドロスがニコルソンを越えてバージニア植民地総督に選ばれた後で、アンドロスと喧嘩した。1709年、アン女王戦争中の植民地における軍事行動に巻き込まれるようになり、カナダに対する遠征を率いたが失敗した。その後、アカディアのポートロワイヤルに対する包囲を行い、1710年10月2日に陥落させた(ポートロワイヤルの戦い (1710年))。その後は、ノバスコシアとプラセンティアの総督となり、サウスカロライナ植民地でその領主に対する反乱が起きた後では、そこの初代王命総督になった。ニコルソンは中将の位に昇り、1728年にロンドンで独身のまま死んだ。ニコルソンは植民地における公共教育を支持し、イギリス海外福音伝道会や王立協会の会員だった。アメリカの建築にも影響を与え、メリーランド州アナポリスやバージニア州ウィリアムズバーグの町の区画割りや設計を行った。植民地の統合を早くから提唱した者であり、主に共通の敵からの防衛がその理由だった。
rdfs:label
  • フランシス・ニコルソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of