Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランシス・オーガスト・シェーファー、(Francis August Schaeffer、1912年1月30日-1984年5月15日)は、アメリカ合衆国の福音主義神学者、哲学者、聖書長老教会の牧師であった。彼はその著書とスイスにおけるラブリコミュニティの設立で最も有名である。彼は神学的近代主義(リベラル)に反対して、伝統的プロテスタント信仰を立て上げ、前提主義のキリスト教弁証論のアプローチをとった。これが、彼の時代に対する答えであった。多くの学者はシェーファーの思想が合衆国におけるキリスト教右派の起こりに影響を与えたと考える。シェーファーの夫人エディー・シェーファーは彼女自身も多作な著書の執筆者となった。またシェーファーの息子フランク・シェーファーは著作家、映画制作者、画家である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1468614 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51252473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランシス・オーガスト・シェーファー、(Francis August Schaeffer、1912年1月30日-1984年5月15日)は、アメリカ合衆国の福音主義神学者、哲学者、聖書長老教会の牧師であった。彼はその著書とスイスにおけるラブリコミュニティの設立で最も有名である。彼は神学的近代主義(リベラル)に反対して、伝統的プロテスタント信仰を立て上げ、前提主義のキリスト教弁証論のアプローチをとった。これが、彼の時代に対する答えであった。多くの学者はシェーファーの思想が合衆国におけるキリスト教右派の起こりに影響を与えたと考える。シェーファーの夫人エディー・シェーファーは彼女自身も多作な著書の執筆者となった。またシェーファーの息子フランク・シェーファーは著作家、映画制作者、画家である。
rdfs:label
  • フランシス・シェーファー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of