Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランシス・コベントリ(Francis Coventry、1725年 - 1754年か1759年)は、イギリスの作家である。1751年の小説、『チビ犬ポンペイ』(THE HISTORY OF Pompey the Little: OR, THE Life and Adventures OF A LAP-DOG.)はイギリス文学において、人間でないもので社会の諸相を観察して描く方法を用いた小説としての初期の例として取り上げられる。5代目コベントリ伯の甥で、ケンブリッジで学んだ牧師であった。1751年に匿名で、イタリア生まれで、イギリス紳士によってイギリスに連れてこられて上流夫人に飼われることになった犬の生涯を描いた『チビ犬ポンペイ』を発表し好評を博した。残された小説はこの一編である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2473592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46896818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランシス・コベントリ(Francis Coventry、1725年 - 1754年か1759年)は、イギリスの作家である。1751年の小説、『チビ犬ポンペイ』(THE HISTORY OF Pompey the Little: OR, THE Life and Adventures OF A LAP-DOG.)はイギリス文学において、人間でないもので社会の諸相を観察して描く方法を用いた小説としての初期の例として取り上げられる。5代目コベントリ伯の甥で、ケンブリッジで学んだ牧師であった。1751年に匿名で、イタリア生まれで、イギリス紳士によってイギリスに連れてこられて上流夫人に飼われることになった犬の生涯を描いた『チビ犬ポンペイ』を発表し好評を博した。残された小説はこの一編である。
rdfs:label
  • フランシス・コベントリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of