Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランシスコ・ホセ・アヤラ (Francisco José Ayala, 1934年 - ) アメリカ合衆国の生物学者、哲学者。カリフォルニア大学アーバイン校教授。マドリード生まれ。1961年にコロンビア大学で学ぶため渡米し、テオドシウス・ドブジャンスキーの下で学んだ。1964年に卒業し、1971年にアメリカの国籍を取得した。アメリカ科学振興協会の会長、理事長も務めた。カリフォルニア大学でドナルド・ブレン生物科学・生態学・進化学教授、哲学教授、論理学・科学哲学教授を務めている。彼は連邦政府がES細胞研究への資金援助を規制したことを公的に批判した。現在、憲法擁護委員会(議会にES細胞研究への資金援助規制を解除するよう働きかけた)のアドバイザーを務めている。2006年11月にはBeyond Belief(科学と宗教の関わりについて討論するシンポジウム)に出席した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1565524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2493 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46829287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランシスコ・ホセ・アヤラ (Francisco José Ayala, 1934年 - ) アメリカ合衆国の生物学者、哲学者。カリフォルニア大学アーバイン校教授。マドリード生まれ。1961年にコロンビア大学で学ぶため渡米し、テオドシウス・ドブジャンスキーの下で学んだ。1964年に卒業し、1971年にアメリカの国籍を取得した。アメリカ科学振興協会の会長、理事長も務めた。カリフォルニア大学でドナルド・ブレン生物科学・生態学・進化学教授、哲学教授、論理学・科学哲学教授を務めている。彼は連邦政府がES細胞研究への資金援助を規制したことを公的に批判した。現在、憲法擁護委員会(議会にES細胞研究への資金援助規制を解除するよう働きかけた)のアドバイザーを務めている。2006年11月にはBeyond Belief(科学と宗教の関わりについて討論するシンポジウム)に出席した。
rdfs:label
  • フランシスコ・アヤラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of