Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランク=コンドンの原理(フランク=コンドンのげんり、英: Franck–Condon principle)とは、分光学および量子化学において、振動電子状態間の遷移確率を与える法則である。 振動電子状態間の遷移とは、分子の電子状態と振動状態が、光子の吸収や放出に伴い瞬間的に変化することを指す。 この法則によれば、電子遷移に伴って生じる振動準位間の遷移は、電子遷移をまたいだ2つの振動状態の波動関数の重なりが大きい程生じやすい。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2118104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59061089 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランク=コンドンの原理(フランク=コンドンのげんり、英: Franck–Condon principle)とは、分光学および量子化学において、振動電子状態間の遷移確率を与える法則である。 振動電子状態間の遷移とは、分子の電子状態と振動状態が、光子の吸収や放出に伴い瞬間的に変化することを指す。 この法則によれば、電子遷移に伴って生じる振動準位間の遷移は、電子遷移をまたいだ2つの振動状態の波動関数の重なりが大きい程生じやすい。
rdfs:label
  • フランク=コンドンの原理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of