Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランク・ローマ皇帝ないし西方帝位 (フランス語: Empereur d’Occident)は、フランク国王カール1世が800年12月25日にローマにてローマ教皇レオ3世によりローマ皇帝として戴冠されて以降のカロリング朝(カロリング帝国)における君主号の仮定上の表記である。最後のフランク・ローマ皇帝は924年に死去したベレンガーリオ1世である。フランク・ローマ皇帝は大概は«ローマ皇帝» (ラテン語: imperator Romanorum) ないし«ローマ人の皇帝» (ラテン語: imperator Romanum gubernans imperium)の称号を帯びている。962年のオットー1世大帝の戴冠によって始まる神聖ローマ皇帝はフランク・ローマ皇帝の後継者であることを自認している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2600952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9603 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49874070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランク・ローマ皇帝ないし西方帝位 (フランス語: Empereur d’Occident)は、フランク国王カール1世が800年12月25日にローマにてローマ教皇レオ3世によりローマ皇帝として戴冠されて以降のカロリング朝(カロリング帝国)における君主号の仮定上の表記である。最後のフランク・ローマ皇帝は924年に死去したベレンガーリオ1世である。フランク・ローマ皇帝は大概は«ローマ皇帝» (ラテン語: imperator Romanorum) ないし«ローマ人の皇帝» (ラテン語: imperator Romanum gubernans imperium)の称号を帯びている。962年のオットー1世大帝の戴冠によって始まる神聖ローマ皇帝はフランク・ローマ皇帝の後継者であることを自認している。
rdfs:label
  • フランク・ローマ皇帝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of