Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランク・フレデリクス(Frank Fredericks, 1967年10月2日 - )は、ナミビアの元陸上競技者で、短距離(特に200m)が専門。競技中のポーカーフェイスぶりから、“ナミビアの鉄仮面”の異名をとる。夏季オリンピックに3度出場し、銀メダルを計4つ獲得した。男子短距離走の個人種目におけるオリンピックのメダル獲得数「4」は、カール・ルイス、アト・ボルドン、ウサイン・ボルトと並ぶ最多記録である。1992年バルセロナオリンピックは、母国ナミビアの独立後初めてのオリンピック出場であった。開会式においては栄えある初めての旗手を務め、100mと200mで銀メダルを獲得した。1993年の世界陸上競技選手権大会では200mで優勝したものの、国際大会では2位を記録することが多く、“シルバーコレクター”と呼ばれることもあった。特に1996年のアトランタオリンピック200mでは、当時の世界記録にあと0.02秒に迫る19秒68を記録するが、同走のマイケル・ジョンソンが19秒32という驚異的な記録をマークしたために、金メダルを逃している。また同じ大会の100mでも銀メダルを獲得したが、同走のドノバン・ベイリーが当時の世界新記録となる9秒84をマークして優勝している。このように世界記録更新という光のあたる表舞台に生じた影のような悲運な名スプリンターでもあった。選手としての活躍もさることながら、彼の温厚な性格や、若手選手の育成のみならず恵まれない人々への援助を惜しまないことなどから、陸上競技関係者の間では人望が厚い。アメリカ合衆国のブリガムヤング大学への留学経験もある。2004年から国際オリンピック委員会の選手委員を務めており、同年に競技生活の引退を表明した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 484739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59140600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 3720 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Fredericks Frank
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:フルネーム
  • フランキー・フレデリクス
prop-ja:体重
  • 72.0
prop-ja:氏名
  • フランク・フレデリクス
prop-ja:生年月日
  • 1967-10-02 (xsd:date)
prop-ja:生誕地
  • ナミビアウイントフック
prop-ja:画像
  • Osaka07 Opening Frankie Fredericks.jpg
prop-ja:種目
prop-ja:自己ベスト
  • 12000.0
  • 6000.0
prop-ja:身長
  • 180.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランク・フレデリクス(Frank Fredericks, 1967年10月2日 - )は、ナミビアの元陸上競技者で、短距離(特に200m)が専門。競技中のポーカーフェイスぶりから、“ナミビアの鉄仮面”の異名をとる。夏季オリンピックに3度出場し、銀メダルを計4つ獲得した。男子短距離走の個人種目におけるオリンピックのメダル獲得数「4」は、カール・ルイス、アト・ボルドン、ウサイン・ボルトと並ぶ最多記録である。1992年バルセロナオリンピックは、母国ナミビアの独立後初めてのオリンピック出場であった。開会式においては栄えある初めての旗手を務め、100mと200mで銀メダルを獲得した。1993年の世界陸上競技選手権大会では200mで優勝したものの、国際大会では2位を記録することが多く、“シルバーコレクター”と呼ばれることもあった。特に1996年のアトランタオリンピック200mでは、当時の世界記録にあと0.02秒に迫る19秒68を記録するが、同走のマイケル・ジョンソンが19秒32という驚異的な記録をマークしたために、金メダルを逃している。また同じ大会の100mでも銀メダルを獲得したが、同走のドノバン・ベイリーが当時の世界新記録となる9秒84をマークして優勝している。このように世界記録更新という光のあたる表舞台に生じた影のような悲運な名スプリンターでもあった。選手としての活躍もさることながら、彼の温厚な性格や、若手選手の育成のみならず恵まれない人々への援助を惜しまないことなどから、陸上競技関係者の間では人望が厚い。アメリカ合衆国のブリガムヤング大学への留学経験もある。2004年から国際オリンピック委員会の選手委員を務めており、同年に競技生活の引退を表明した。
rdfs:label
  • フランク・フレデリクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of