Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベンジャミン・フラクリン・ピール(英: Benjamin Franklin Peale、生まれたときはアルドロバンド・ピール、通常はフランクリン・ピールと呼ばれた、1795年10月15日 - 1870年5月5日)は、アメリカ合衆国造幣局フィラデルフィアの第3代貨幣鋳造主任である。ピールは造幣局の鋳造技術に多くの革新をもたらしたが、個人的な利得のためにその地位を利用したという疑惑の中で、免職となった。ピールは画家チャールズ・ウィルソン・ピールの息子であり、父がフィラデルフィアで運営した好奇心の博物館で生まれた。ピールの受けた教育は大半が非公式のものだったが、ペンシルベニア大学で幾らかの授業を受けた。機械作りでは名人になった。1820年、博物館で父の助手となり、父が1827年に死んだ後はその管理を行った。1833年、ピールは造幣局に雇われ、鋳造技術を勉強し報告するために2年間ヨーロッパに派遣された。改良の計画を持って本国に戻り、国内では初の蒸気駆動貨幣プレス機を設計し、1936年に据え付けた。その年、フィラデルフィア造幣所の溶解精錬者に指名され、3年後にはアダム・エックフェルトの退任に伴い貨幣鋳造主任となった。エックフェルトは無給で働き続けた。エックフェルトの働きにより、ピールは造幣所の資産を使ってメダル製造事業を運営できた。この副業が結局ピールの破綻の原因になった。彫り師のジェイムズ・ロングエーカーや溶解精錬者のリチャード・シアーズ・マッカローとから、ピールは職権乱用で告発されることになり、1854年にフランクリン・ピアース大統領から解雇された。ピールは退任後に多くの市民組織と関わり、指導を続けた。ピールは1870年に死んだ。貨幣学作家Q・デイビッド・ボウワーズが、ピールの経歴に関して著作家達は大変異なる結論を引き出すことが可能であることを示唆している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3028449 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 40147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54240215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:alternativeNames
  • Benjamin Franklin Peale, Aldrovand Peale
prop-ja:birthPlace
  • ペンシルベニア州フィラデルフィア
prop-ja:birthname
  • アルドロバンド・ピール
prop-ja:children
  • アンナ・エリザベス(エリザの子)
prop-ja:dateOfBirth
  • October 15, 1795
prop-ja:dateOfDeath
  • May 5, 1870
prop-ja:deathDate
  • 1870-05-05 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ペンシルベニア州フィラデルフィア
prop-ja:name
  • Franklin Peale
  • Peale, Franklin
  • フラクリン・ピール
prop-ja:nationality
  • アメリカ合衆国
prop-ja:office
  • アメリカ合衆国造幣局フィラデルフィアの第2代溶解精錬者
  • アメリカ合衆国造幣局フィラデルフィアの第3代貨幣鋳造主任
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:president
prop-ja:religion
prop-ja:restingplace
  • フィラデルフィア市ローレルヒル墓地
prop-ja:shortDescription
  • American artist
prop-ja:signature
  • Franklin Peale Sig.svg
prop-ja:spouse
  • * エリザ・グレートレイク(1815年–1820年、結婚破棄) * キャロライン・E・ジラード・ハスラム(1839年–1870年、ピール死後まで生存)
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --03-27
  • --12-02
prop-ja:termStart
  • --01-05
  • --03-27
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ベンジャミン・フラクリン・ピール(英: Benjamin Franklin Peale、生まれたときはアルドロバンド・ピール、通常はフランクリン・ピールと呼ばれた、1795年10月15日 - 1870年5月5日)は、アメリカ合衆国造幣局フィラデルフィアの第3代貨幣鋳造主任である。ピールは造幣局の鋳造技術に多くの革新をもたらしたが、個人的な利得のためにその地位を利用したという疑惑の中で、免職となった。ピールは画家チャールズ・ウィルソン・ピールの息子であり、父がフィラデルフィアで運営した好奇心の博物館で生まれた。ピールの受けた教育は大半が非公式のものだったが、ペンシルベニア大学で幾らかの授業を受けた。機械作りでは名人になった。1820年、博物館で父の助手となり、父が1827年に死んだ後はその管理を行った。1833年、ピールは造幣局に雇われ、鋳造技術を勉強し報告するために2年間ヨーロッパに派遣された。改良の計画を持って本国に戻り、国内では初の蒸気駆動貨幣プレス機を設計し、1936年に据え付けた。その年、フィラデルフィア造幣所の溶解精錬者に指名され、3年後にはアダム・エックフェルトの退任に伴い貨幣鋳造主任となった。エックフェルトは無給で働き続けた。エックフェルトの働きにより、ピールは造幣所の資産を使ってメダル製造事業を運営できた。この副業が結局ピールの破綻の原因になった。彫り師のジェイムズ・ロングエーカーや溶解精錬者のリチャード・シアーズ・マッカローとから、ピールは職権乱用で告発されることになり、1854年にフランクリン・ピアース大統領から解雇された。ピールは退任後に多くの市民組織と関わり、指導を続けた。ピールは1870年に死んだ。貨幣学作家Q・デイビッド・ボウワーズが、ピールの経歴に関して著作家達は大変異なる結論を引き出すことが可能であることを示唆している。
rdfs:label
  • フランクリン・ピール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of