Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フラッタータンギング(英: Flutter-tonguing)、フラッターツンゲ(独: Flatterzunge)とは、舌の細かい動きにより音を震わせる、管楽器の特殊奏法である。近現代のクラシック音楽作品やジャズで用いられる。ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスがフルートの特殊奏法として考案し、他の木管楽器、金管楽器に応用した。このため、クラシック音楽においては、ドイツ語による表記が一般的である。省略した形で「フラッター奏法」、「フラッター」と呼ばれる場合もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2200764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56208404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フラッタータンギング(英: Flutter-tonguing)、フラッターツンゲ(独: Flatterzunge)とは、舌の細かい動きにより音を震わせる、管楽器の特殊奏法である。近現代のクラシック音楽作品やジャズで用いられる。ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスがフルートの特殊奏法として考案し、他の木管楽器、金管楽器に応用した。このため、クラシック音楽においては、ドイツ語による表記が一般的である。省略した形で「フラッター奏法」、「フラッター」と呼ばれる場合もある。
rdfs:label
  • フラッタータンギング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of