Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フラウンホーファー研究機構(独: Fraunhofer-Gesellschaft)は、ドイツ全土に67の研究所・研究ユニットを持つ欧州最大の応用研究機関。各研究所は科学の様々な応用を研究テーマとしている(マックス・プランク研究所は基礎研究中心である点が異なる)。23,000人以上のスタッフを抱え、年間予算総額は20億ユーロ超である。そのうち年間研究予算は17億ユーロ。その30%弱はドイツの各連邦州(およびそれを経由して連邦政府)から拠出されているが、残り70%以上は企業からの委託や公的財源の研究プロジェクトによる。名称の由来は、科学者であり技術者であり起業家でもあったヨゼフ・フォン・フラウンホーファーに由来する。本部はドイツ・ミュンヘンに置かれている。アメリカ合衆国に6つの研究センターを持ち、アジアに3つの研究センターがある。日本にはフラウンホーファー日本代表部がある。なお正式名称は Fraunhofer-Gesellschaft zur Förderung der angewandten Forschung e. V(直訳すると「応用研究推進のためのフラウンホーファー協会」)である。例えば、以下のようなプロジェクトが行われたことがある。 MP3圧縮アルゴリズムはフラウンホーファーIIS(集積回路研究所)で発明され、特許が取得されている。その特許権収入は2005年現在で約1億ユーロであった。[1] イケアの店舗で使用するプログラムを開発した。これは、客が自宅の部屋の写真を持ち込むと、それをデジタイズし、家具を配置したときの様子を事前に確認できるもの。↑ ↑
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1406437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53431906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フラウンホーファー研究機構(独: Fraunhofer-Gesellschaft)は、ドイツ全土に67の研究所・研究ユニットを持つ欧州最大の応用研究機関。各研究所は科学の様々な応用を研究テーマとしている(マックス・プランク研究所は基礎研究中心である点が異なる)。23,000人以上のスタッフを抱え、年間予算総額は20億ユーロ超である。そのうち年間研究予算は17億ユーロ。その30%弱はドイツの各連邦州(およびそれを経由して連邦政府)から拠出されているが、残り70%以上は企業からの委託や公的財源の研究プロジェクトによる。名称の由来は、科学者であり技術者であり起業家でもあったヨゼフ・フォン・フラウンホーファーに由来する。本部はドイツ・ミュンヘンに置かれている。アメリカ合衆国に6つの研究センターを持ち、アジアに3つの研究センターがある。日本にはフラウンホーファー日本代表部がある。なお正式名称は Fraunhofer-Gesellschaft zur Förderung der angewandten Forschung e.
rdfs:label
  • フラウンホーファー協会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of