Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フニャディ・ヤーノシュ(ハンガリー語: Hunyadi János、イオアン・デ・フネドアラ(ルーマニア語: Iancu/Ioan de Hunedoara)、ヨハネス・コルヴィヌス(デ・フニャド)(ラテン語: Ioannes Corvinus/de Hunyad、1387年/1407年/1409年 - 1456年8月11日)は、現在のルーマニア出身のハンガリーの貴族。同時代の史料には、ルーマニア南部のワラキアの貴族の家系の出身と記される。オスマン帝国の侵入に晒されるハンガリー南部の国境地帯に身を置き、戦闘を経て軍事技術を習得した。1441年にトランシルヴァニアの公(ヴォイヴォダ)といくつかの地区の知事に任ぜられ、国境の防衛を一手に引き受けた。フニャディは気分次第で従軍を決める貴族出身の騎士に頼らず、錬度が高い傭兵と士気の高い志願兵を戦力の中心に据えた。ボヘミアのフス派の傭兵が戦力の中心であり、親族、信奉者、家臣を軍に加え、一般の民衆も軍隊に編入した。そして、戦闘に大型の四輪荷車を連結するフス派の戦法(英語版)を導入した。一連の軍事技術の革新によって、フニャディは1440年代初頭にハンガリー南部に侵入したオスマン軍に勝利することができた。1444年のヴァルナの戦い、1448年のコソヴォの戦いでの敗北にもかかわらず、1443年から1444年にかけてのバルカン山脈を越えての「大遠征」と1456年のベオグラードでのオスマン皇帝メフメト2世に対する勝利によって、偉大なる指揮官としての名声を確立した。キリスト教世界のために戦う兵士を激励するため、ローマ教皇は週に一度教会の鐘を鳴らすよう命じていたが、1456年のベオグラード防衛の後、カトリックの教会と一部のプロテスタントの教会はフニャディの勝利を記念して毎日の正午に鐘を鳴らすようになった。フニャディは、政治家としても優れた素質を持っていた。1440年代初頭にヴワディスワフ3世(後のウラースロー1世)とラディスラウス・ポストゥムス(後のラースロー5世)がハンガリー王位を巡って争った時、フニャディは前者を積極的に支持した。議会の中小貴族から支持を集めたフニャディは、1445年にウラースロー1世の死後にハンガリー王に選出されたラースロー5世が成年に達するまでの間、ハンガリーの国政を担当する7人の「レルムの指導者」のうちの1人に選出された。続く国会で、フニャディは唯一の摂政に選出された。1452年に摂政の地位を辞した後、ラースロー5世はフニャディを総司令官に命じ、多くの爵位を与えた。かくしてフニャディはハンガリーの有力な大貴族の1人になり、その死去まで議会における影響力を維持した。教皇ピウス2世はフニャディを「Athleta Christi」(キリスト教の守護者)と讃えたが、フニャディはベオグラードの勝利の3週間後に軍内で流行していた疫病に罹って没した。フニャディの勝利によって、ハンガリー王国は長らくオスマン帝国の侵入から守られた。
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 204175 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53228513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • Signature of János Hunyadi.jpg
prop-ja:人名
  • フニャディ・ヤーノシュ
prop-ja:出生日
  • 1387 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬日
  • ハンガリー王国、ジュラフェヘールヴァール、
prop-ja:子女
prop-ja:宗教
  • キリスト教カトリック教会
prop-ja:家名・爵位
prop-ja:役職
  • ハンガリー王国摂政(1446年 - 1452年)
prop-ja:死亡日
  • --08-11
prop-ja:母親
  • モルジナイ・エルジェーベト(Elizabeth MorsinaもしくはElizabeth Morzsinay)
prop-ja:没地
prop-ja:父親
  • ヴォイク(Voyk、Voicu、Vajk)
prop-ja:画像
  • Iancu Hunedoara.jpg
prop-ja:称号
  • トランシルヴァニア公(1441年 - 1456年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フニャディ・ヤーノシュ(ハンガリー語: Hunyadi János、イオアン・デ・フネドアラ(ルーマニア語: Iancu/Ioan de Hunedoara)、ヨハネス・コルヴィヌス(デ・フニャド)(ラテン語: Ioannes Corvinus/de Hunyad、1387年/1407年/1409年 - 1456年8月11日)は、現在のルーマニア出身のハンガリーの貴族。同時代の史料には、ルーマニア南部のワラキアの貴族の家系の出身と記される。オスマン帝国の侵入に晒されるハンガリー南部の国境地帯に身を置き、戦闘を経て軍事技術を習得した。1441年にトランシルヴァニアの公(ヴォイヴォダ)といくつかの地区の知事に任ぜられ、国境の防衛を一手に引き受けた。フニャディは気分次第で従軍を決める貴族出身の騎士に頼らず、錬度が高い傭兵と士気の高い志願兵を戦力の中心に据えた。ボヘミアのフス派の傭兵が戦力の中心であり、親族、信奉者、家臣を軍に加え、一般の民衆も軍隊に編入した。そして、戦闘に大型の四輪荷車を連結するフス派の戦法(英語版)を導入した。一連の軍事技術の革新によって、フニャディは1440年代初頭にハンガリー南部に侵入したオスマン軍に勝利することができた。1444年のヴァルナの戦い、1448年のコソヴォの戦いでの敗北にもかかわらず、1443年から1444年にかけてのバルカン山脈を越えての「大遠征」と1456年のベオグラードでのオスマン皇帝メフメト2世に対する勝利によって、偉大なる指揮官としての名声を確立した。キリスト教世界のために戦う兵士を激励するため、ローマ教皇は週に一度教会の鐘を鳴らすよう命じていたが、1456年のベオグラード防衛の後、カトリックの教会と一部のプロテスタントの教会はフニャディの勝利を記念して毎日の正午に鐘を鳴らすようになった。フニャディは、政治家としても優れた素質を持っていた。1440年代初頭にヴワディスワフ3世(後のウラースロー1世)とラディスラウス・ポストゥムス(後のラースロー5世)がハンガリー王位を巡って争った時、フニャディは前者を積極的に支持した。議会の中小貴族から支持を集めたフニャディは、1445年にウラースロー1世の死後にハンガリー王に選出されたラースロー5世が成年に達するまでの間、ハンガリーの国政を担当する7人の「レルムの指導者」のうちの1人に選出された。続く国会で、フニャディは唯一の摂政に選出された。1452年に摂政の地位を辞した後、ラースロー5世はフニャディを総司令官に命じ、多くの爵位を与えた。かくしてフニャディはハンガリーの有力な大貴族の1人になり、その死去まで議会における影響力を維持した。教皇ピウス2世はフニャディを「Athleta Christi」(キリスト教の守護者)と讃えたが、フニャディはベオグラードの勝利の3週間後に軍内で流行していた疫病に罹って没した。フニャディの勝利によって、ハンガリー王国は長らくオスマン帝国の侵入から守られた。
rdfs:label
  • フニャディ・ヤーノシュ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • フニャディ・ヤーノシュ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of