Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フタル酸エステル類(フタルさんエステルるい)は、フタル酸(オルト体)とアルコールのエステルの総称である。フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)を代表とする高級アルコールのフタル酸エステルは可塑剤として有用である(フタル酸系可塑剤)。一般に工業的には、フタル酸(遊離酸)と過剰のアルコールから、水をアルコールと共沸脱水してエステル化する。内分泌攪乱物質である疑いが強く、ヨーロッパでは近年使用規制の動きが強まっている。(フタル酸系可塑剤の環境問題については記事 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)#環境暴露の節で詳説。)アルコール基が異なる各エステルの詳細は表の化合物名のリンク先の各記事も参照。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 272642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2205 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50725137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フタル酸エステル類(フタルさんエステルるい)は、フタル酸(オルト体)とアルコールのエステルの総称である。フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)を代表とする高級アルコールのフタル酸エステルは可塑剤として有用である(フタル酸系可塑剤)。一般に工業的には、フタル酸(遊離酸)と過剰のアルコールから、水をアルコールと共沸脱水してエステル化する。内分泌攪乱物質である疑いが強く、ヨーロッパでは近年使用規制の動きが強まっている。(フタル酸系可塑剤の環境問題については記事 フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)#環境暴露の節で詳説。)アルコール基が異なる各エステルの詳細は表の化合物名のリンク先の各記事も参照。
rdfs:label
  • フタル酸エステル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of