Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フタル酸(フタルさん、Phthalic acid)は示性式 C6H4(COOH)2、分子量 166.14 のベンゼンジカルボン酸である。狭義にはオルト体をフタル酸と呼ぶが、他異性体を含めたベンゼンジカルボン酸の総称もまたフタル酸(類)と呼称される。メタ体はイソフタル酸、パラ体はテレフタル酸とも呼ばれる。遊離酸型のフタル酸類は一般的に、昇華性を有する無色固体で水にも有機溶媒にも溶けにくく、極性の高い有機溶媒に溶けやすいといった性質を示す。フタル酸類は合成樹脂のモノマーとして利用されたり、特にエステル体の一部は、熱可塑性樹脂の可塑剤として30%~70%w/wほど添加される。
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 91853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57540594 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Phthalic acid-3d.png
  • Phthalic-acid-2D-skeletal.png
prop-ja:imagename
  • Phthalic acid
prop-ja:imagesize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • フタル酸
prop-ja:othernames
  • ジカルボン酸
  • ベンゼン-1,2-
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フタル酸(フタルさん、Phthalic acid)は示性式 C6H4(COOH)2、分子量 166.14 のベンゼンジカルボン酸である。狭義にはオルト体をフタル酸と呼ぶが、他異性体を含めたベンゼンジカルボン酸の総称もまたフタル酸(類)と呼称される。メタ体はイソフタル酸、パラ体はテレフタル酸とも呼ばれる。遊離酸型のフタル酸類は一般的に、昇華性を有する無色固体で水にも有機溶媒にも溶けにくく、極性の高い有機溶媒に溶けやすいといった性質を示す。フタル酸類は合成樹脂のモノマーとして利用されたり、特にエステル体の一部は、熱可塑性樹脂の可塑剤として30%~70%w/wほど添加される。
rdfs:label
  • フタル酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジカルボン酸
  • フタル酸
  • ベンゼン-1,2-
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of