Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フタナミソウ(二並草、学名:Scorzonera rebunensis)は礼文島に自生するキク科フタナミソウ属の多年草。礼文島の二並山からこの名がついた。別名はフタナミタンポポともいう。高さは10cm程度で基部に小さい葉をつける。花茎は細く上向きに1つの頭花をつける。砂礫地に咲くこともあるが、特に岩場を好み、岩上や崖に咲く。現在も礼文島に自生しているが、近年急速に数を減らしており、盗掘等の危険から観光案内やガイドブック等にも分布は掲載されていないことが多い。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgreen
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 641464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50197881 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亜綱
  • キク亜綱 Asteridae
prop-ja:名称
  • フタナミソウ
prop-ja:和名
  • フタナミソウ
prop-ja:学名
  • Scorzonera rebunensis
prop-ja:
  • フタナミソウ属 Scorzonera
prop-ja:
prop-ja:
  • キク目 Asterales
prop-ja:
  • キク科 Asteraceae
prop-ja:
  • フタナミソウ S. rebunensis
prop-ja:
prop-ja:
  • lightgreen
prop-ja:
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フタナミソウ(二並草、学名:Scorzonera rebunensis)は礼文島に自生するキク科フタナミソウ属の多年草。礼文島の二並山からこの名がついた。別名はフタナミタンポポともいう。高さは10cm程度で基部に小さい葉をつける。花茎は細く上向きに1つの頭花をつける。砂礫地に咲くこともあるが、特に岩場を好み、岩上や崖に咲く。現在も礼文島に自生しているが、近年急速に数を減らしており、盗掘等の危険から観光案内やガイドブック等にも分布は掲載されていないことが多い。
rdfs:label
  • フタナミソウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • フタナミソウ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of