Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フォント (font) は、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指す言葉だが、現在ではコンピュータ画面に表示したり、紙面に印刷(書籍など)したりするために利用できるようにした書体データを意味している。金属活字の時代から書体の世界に関わっている者からは、データとしてのフォントはデジタルフォント (digital font) として区別して呼ばれることもある。書体という言葉は、現在ではフォント(の使用ライセンス数)を数える単位としても用いられるが、ここでは分けて考えることとする。(書体参照)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58429409 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • 著作権侵害差止等請求本訴、同反訴事件
prop-ja:事件番号
  • 平成10332
prop-ja:判例集
  • 民集 第54巻7号2481頁
prop-ja:意見
  • 全員一致
prop-ja:法廷名
  • 最高裁判所第一小法廷
prop-ja:裁判年月日
  • --09-07
prop-ja:裁判要旨
  • 印刷用書体が著作権法二条一項一号にいう著作物に該当するためには、従来の印刷用書体に比して顕著な特徴を有するといった独創性及びそれ自体が美術鑑賞の対象となり得る美的特性を備えていなければならない。
prop-ja:裁判長
  • 井嶋一友
prop-ja:陪席裁判官
  • 遠藤光男 藤井正雄 大出峻郎 町田顯
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フォント (font) は、本来「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指す言葉だが、現在ではコンピュータ画面に表示したり、紙面に印刷(書籍など)したりするために利用できるようにした書体データを意味している。金属活字の時代から書体の世界に関わっている者からは、データとしてのフォントはデジタルフォント (digital font) として区別して呼ばれることもある。書体という言葉は、現在ではフォント(の使用ライセンス数)を数える単位としても用いられるが、ここでは分けて考えることとする。(書体参照)
rdfs:label
  • フォント
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:種別 of
is foaf:primaryTopic of