Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フォンタン手術(英: Fontan procedure)とは、単心室症を含む複雑心奇形に対する機能的修復術である。体循環からの静脈血を直接肺動脈に流す(即ち、解剖学的右室をバイパスする = フォンタン循環)ように血流を転換する手術である。本術式は1971年にフォンタンとクロイツェルにより三尖弁閉鎖症に対する外科治療としてそれぞれ独立に報告された。本項では、上大静脈からの静脈血を肺動脈に流すグレン手術(英: Glenn procedure)についても併せて記載する。グレン手術は、フォンタン手術を行う前段階の手術として行われることが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2930697 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56624735 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:icd
  • 35.940000 (xsd:double)
prop-ja:meshid
  • D018729
prop-ja:name
  • フォンタン手術
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フォンタン手術(英: Fontan procedure)とは、単心室症を含む複雑心奇形に対する機能的修復術である。体循環からの静脈血を直接肺動脈に流す(即ち、解剖学的右室をバイパスする = フォンタン循環)ように血流を転換する手術である。本術式は1971年にフォンタンとクロイツェルにより三尖弁閉鎖症に対する外科治療としてそれぞれ独立に報告された。本項では、上大静脈からの静脈血を肺動脈に流すグレン手術(英: Glenn procedure)についても併せて記載する。グレン手術は、フォンタン手術を行う前段階の手術として行われることが多い。
rdfs:label
  • フォンタン手術
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of