Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フォロ・ロマーノ(伊:Foro Romano)は、ローマにある古代ローマ時代の遺跡。観光地として有名である。フォロ・ロマーノは、ラテン語の古名フォルム・ロマヌム(Forum Romanum)のイタリア語読みである。紀元前6世紀頃からローマ帝国がテトラルキアを採用する293年にかけて、国家の政治・経済の中心地であったが、ローマ帝国が東西に分裂し、首都機能がラヴェンナに移されると異民族の略奪に曝されるようになり、西ローマ帝国滅亡後は打ち捨てられ、土砂の下に埋もれてしまった。フォロ・ロマーノの発掘は、19世紀から本格的に行われるようになったが、帝政時代初期までに開発が繰り返されており、遺構も様々な時代のものが混在しているので、発掘調査は難しい。現在の遺跡は、大部分が帝政時代以降のものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 103253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 168 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58056278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:builder
prop-ja:caption
  • 平面図
  • 広域平面図
prop-ja:clear
  • yes
prop-ja:date
  • 紀元前8世紀 〜 後5世紀
prop-ja:float
  • none
prop-ja:imageName
  • Forum Romanum Rom.jpg
prop-ja:labelX
  • 0.500000 (xsd:double)
prop-ja:labelY
  • 0.400000 (xsd:double)
prop-ja:location
prop-ja:name
  • Forum Romanum
  • フォルム・ロマヌム
prop-ja:scale
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:text
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • A
  • B
  • C
  • E
  • F
  • G
  • H
  • K
  • L
  • M
  • N
  • P
  • Q
  • J
  • D
  • Via Sacra
  • カピトリヌス
  • パラティウム
  • フラウィウス闘技場
  • 皇帝たちのフォルム
prop-ja:type
  • 首都中枢地区
prop-ja:width
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:x
  • 0.120000 (xsd:double)
  • 0.150000 (xsd:double)
  • 0.210000 (xsd:double)
  • 0.300000 (xsd:double)
  • 0.380000 (xsd:double)
  • 0.400000 (xsd:double)
  • 0.470000 (xsd:double)
  • 0.490000 (xsd:double)
  • 0.520000 (xsd:double)
  • 0.530000 (xsd:double)
  • 0.540000 (xsd:double)
  • 0.550000 (xsd:double)
  • 0.590000 (xsd:double)
  • 0.600000 (xsd:double)
  • 0.620000 (xsd:double)
  • 0.670000 (xsd:double)
  • 0.720000 (xsd:double)
  • 0.750000 (xsd:double)
  • 0.770000 (xsd:double)
  • 0.830000 (xsd:double)
  • 0.850000 (xsd:double)
  • 0.900000 (xsd:double)
  • 0.930000 (xsd:double)
  • 0.950000 (xsd:double)
prop-ja:y
  • 0.040000 (xsd:double)
  • 0.060000 (xsd:double)
  • 0.100000 (xsd:double)
  • 0.110000 (xsd:double)
  • 0.140000 (xsd:double)
  • 0.150000 (xsd:double)
  • 0.170000 (xsd:double)
  • 0.180000 (xsd:double)
  • 0.200000 (xsd:double)
  • 0.230000 (xsd:double)
  • 0.240000 (xsd:double)
  • 0.250000 (xsd:double)
  • 0.260000 (xsd:double)
  • 0.290000 (xsd:double)
  • 0.300000 (xsd:double)
  • 0.310000 (xsd:double)
  • 0.350000 (xsd:double)
  • 0.420000 (xsd:double)
  • 0.450000 (xsd:double)
  • 0.480000 (xsd:double)
dcterms:subject
georss:point
  • 41.89194444444445 12.486666666666666
rdf:type
rdfs:comment
  • フォロ・ロマーノ(伊:Foro Romano)は、ローマにある古代ローマ時代の遺跡。観光地として有名である。フォロ・ロマーノは、ラテン語の古名フォルム・ロマヌム(Forum Romanum)のイタリア語読みである。紀元前6世紀頃からローマ帝国がテトラルキアを採用する293年にかけて、国家の政治・経済の中心地であったが、ローマ帝国が東西に分裂し、首都機能がラヴェンナに移されると異民族の略奪に曝されるようになり、西ローマ帝国滅亡後は打ち捨てられ、土砂の下に埋もれてしまった。フォロ・ロマーノの発掘は、19世紀から本格的に行われるようになったが、帝政時代初期までに開発が繰り返されており、遺構も様々な時代のものが混在しているので、発掘調査は難しい。現在の遺跡は、大部分が帝政時代以降のものである。
rdfs:label
  • フォロ・ロマーノ
owl:sameAs
geo:lat
  • 41.891945 (xsd:float)
geo:long
  • 12.486667 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:location of
is foaf:primaryTopic of