Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ARVWはフォルクスワーゲンが制作した空力実験車両である。車両名は「空力実験・フォルクスワーゲン」(Aerodynamic Research Volkswagen )に由来しており、18ヶ月に渡りのべ400時間の風洞実験によりCd値は0.15と極端に低い数値に押さえられている。エンジンはフォルクスワーゲン・LT(Volkswagen LT )用をベースとし直噴システムを備えるディーゼルエンジン、水冷直列6気筒2,383ccで、加給圧2.7バールのターボチャージャーとインタークーラーを備え、175PS/4,700rpm、30kgm/4,100rpm。トランスミッションはアウディ・100用の4速MTを流用しているが、リンケージはケーブル式に変更されている。燃料タンクは130L。タイヤは195/50VRのピレリP8。ホイールは7in幅のスリーピース。サスペンションはバンク走行を有利にするため内側が低いセッティングがされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2731913 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55895557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1枚目画像の説明
  • フロント
prop-ja:1枚目画像名
  • ARVW.jpg
prop-ja:2枚目画像の説明
  • サイド
prop-ja:2枚目画像名
  • ARVW Riga Motor Museum 2008.JPG
prop-ja:3枚目画像の説明
  • サイドのアップ
prop-ja:3枚目画像名
  • ARVW Riga Motor Museum 2008 side.JPG
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • 直列6気筒水冷エンジン
prop-ja:サスペンション
  • F:ダブルウィッシュボーン+コイルスプリング、R:トレーリングアーム+トーションバー
prop-ja:トランスミッション
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:乗車定員
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 1132.0
prop-ja:全長
  • 5000.0
prop-ja:全高
  • 837.0
prop-ja:車両重量
  • 1040.0
prop-ja:車名
  • ARVW
prop-ja:車種
  • 実験車両
prop-ja:駆動方式
  • MR
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ARVWはフォルクスワーゲンが制作した空力実験車両である。車両名は「空力実験・フォルクスワーゲン」(Aerodynamic Research Volkswagen )に由来しており、18ヶ月に渡りのべ400時間の風洞実験によりCd値は0.15と極端に低い数値に押さえられている。エンジンはフォルクスワーゲン・LT(Volkswagen LT )用をベースとし直噴システムを備えるディーゼルエンジン、水冷直列6気筒2,383ccで、加給圧2.7バールのターボチャージャーとインタークーラーを備え、175PS/4,700rpm、30kgm/4,100rpm。トランスミッションはアウディ・100用の4速MTを流用しているが、リンケージはケーブル式に変更されている。燃料タンクは130L。タイヤは195/50VRのピレリP8。ホイールは7in幅のスリーピース。サスペンションはバンク走行を有利にするため内側が低いセッティングがされている。
rdfs:label
  • フォルクスワーゲン・ARVW
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of