Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フォリン酸(フォリンさん、英: folinic acid、国際一般名: folinic acid)は、ふつうカルシウム塩またはナトリウム塩として、メトトレキサートを含む癌化学療法の際に投与される。また、フォリン酸はチミジル酸シンターゼ阻害薬としての5-FUの作用を増強する効果もある。生物学的に活性があるのはL体のみであり、レボフォリン酸という場合には全ての分子がL体であるものを指す。フォリン酸は1948年にシトロボラム因子として発見され、現在でもその名称で呼ばれることがある。フォリン酸(folinic acid)は、英語圏では時に葉酸(folic acid)と混同されることがある。フォリン酸は葉酸とは異なるものであるが、体内で容易に代謝されて葉酸の活性型であるメチレンテトラヒドロ葉酸となるため、生物学的活性は葉酸とよく似ている。フォリン酸は、世界保健機構が定めた必須医薬品リストであるWHO必須医薬品モデル・リストにも含まれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1317412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59256383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • V03
prop-ja:atcSuffix
  • AF03
  • AF04
prop-ja:bioavailability
  • 用量依存性: *97% *75% *37%
prop-ja:c
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 1492 (xsd:integer)
prop-ja:chembl
  • 1679 (xsd:integer)
prop-ja:chemicalFormula
  • C20H21N7O7. Ca
prop-ja:chemspiderid
  • 5784 (xsd:integer)
prop-ja:drugName
  • レボホリナートカルシウム
prop-ja:drugbank
  • APRD00698
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 6.200000 (xsd:double)
prop-ja:excretion
  • 尿
prop-ja:h
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • VVIAGPKUTFNRDU-ABLWVSNPBN
prop-ja:iupacName
  • -2 (xsd:integer)
  • benzoyl]amino}pentanedioic acid
prop-ja:iupharLigand
  • 4816 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D04715
prop-ja:meltingNotes
  • decomp
prop-ja:meltingPoint
  • 245 (xsd:integer)
prop-ja:molecularWeight
  • 473.440000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • A
prop-ja:pregnancyUs
  • C
prop-ja:proteinBound
  • ~15%
prop-ja:pubchem
  • 54575 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経静脈, 経口
prop-ja:smiles
  • O=C[C@@H]CCCO
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • VVIAGPKUTFNRDU-ABLWVSNPSA-N
prop-ja:tradename
  • ロイコボリンなど
prop-ja:unii
  • RPR1R4C0P4
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フォリン酸(フォリンさん、英: folinic acid、国際一般名: folinic acid)は、ふつうカルシウム塩またはナトリウム塩として、メトトレキサートを含む癌化学療法の際に投与される。また、フォリン酸はチミジル酸シンターゼ阻害薬としての5-FUの作用を増強する効果もある。生物学的に活性があるのはL体のみであり、レボフォリン酸という場合には全ての分子がL体であるものを指す。フォリン酸は1948年にシトロボラム因子として発見され、現在でもその名称で呼ばれることがある。フォリン酸(folinic acid)は、英語圏では時に葉酸(folic acid)と混同されることがある。フォリン酸は葉酸とは異なるものであるが、体内で容易に代謝されて葉酸の活性型であるメチレンテトラヒドロ葉酸となるため、生物学的活性は葉酸とよく似ている。フォリン酸は、世界保健機構が定めた必須医薬品リストであるWHO必須医薬品モデル・リストにも含まれている。
rdfs:label
  • フォリン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of