Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フォボス(Mars I Phobos)は、火星の第1衛星。もう1つの火星の衛星であるダイモスより大きく、より内側の軌道を回っている。1877年8月18日にアサフ・ホールによって発見された。ギリシア神話の神ポボスにちなんで命名された。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 15619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58120395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.071000 (xsd:double)
prop-ja:三軸径
  • 27 (xsd:integer)
  • × 19.2 km
prop-ja:主惑星
prop-ja:仮符号・別名
  • Mars I, M 1
prop-ja:公転周期
  • 7 (xsd:integer)
  • (0.3189 日)
prop-ja:分類
prop-ja:半径
  • 11.100000 (xsd:double)
prop-ja:和名
  • フォボス
prop-ja:大気圧
  • 0.0
prop-ja:平均公転半径
  • 9376.0
prop-ja:平均密度
  • 1.872000 (xsd:double)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Phobos colour 2008.jpg
prop-ja:画像背景色
  • #000000
prop-ja:画像説明
  • フォボス
prop-ja:発見方法
prop-ja:発見日
  • --08-18
prop-ja:発見者
prop-ja:相対対象
  • 火星
prop-ja:相対質量
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:範囲
  • その直前にフォボスからごくわずかな気体が安定して噴出していることを発見した。この気体は水蒸気だと考えられている。
prop-ja:脱出速度
  • 0.011
prop-ja:自転周期
  • 7 (xsd:integer)
  • (公転と同期)
prop-ja:
  • 衛星
prop-ja:英名
  • Phobos
prop-ja:表面温度
  • ≈233 K
prop-ja:表面積
  • ~6,100 km2
prop-ja:表面重力
  • -0.001900 (xsd:double)
  • 0.008400 (xsd:double)
prop-ja:視等級
  • 11.400000 (xsd:double)
prop-ja:質量
  • 1.26
prop-ja:赤道傾斜角
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:軌道の分類
  • 周回軌道
prop-ja:軌道傾斜角
  • 1.020000 (xsd:double)
prop-ja:離心率
  • 0.015100 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フォボス(Mars I Phobos)は、火星の第1衛星。もう1つの火星の衛星であるダイモスより大きく、より内側の軌道を回っている。1877年8月18日にアサフ・ホールによって発見された。ギリシア神話の神ポボスにちなんで命名された。
rdfs:label
  • フォボス (衛星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:観測対象 of
is foaf:primaryTopic of