Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フォトプシン(Photopsin)は、網膜の錐体細胞に存在する光感受性タンパク質であり、色覚を支えている。フォトプシンは、桿体細胞に含まれ夜間視力を確保するロドプシンに非常によく似た物質で、同じくオプシン、レチナール等からできている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1864766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59003333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フォトプシン(Photopsin)は、網膜の錐体細胞に存在する光感受性タンパク質であり、色覚を支えている。フォトプシンは、桿体細胞に含まれ夜間視力を確保するロドプシンに非常によく似た物質で、同じくオプシン、レチナール等からできている。
rdfs:label
  • フォトプシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of