Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フェンリル(Fenrir, 「地を揺らすもの」の意)は、北欧神話に登場する狼の姿をした巨大な怪物。ロキが女巨人アングルボザとの間にもうけた、またはその心臓を食べて産んだ三兄妹の長子。彼の次にヨルムンガンドが、三人目にヘルが生まれた。神々に災いをもたらすと予言され、ラグナロクでは最高神オーディンと対峙して彼を飲み込む。語尾に『狼』をつけてフェンリス狼 (Fenrisúlfr) 、フェンリスヴォルフまたはフェンリスウールヴ(フェンリル狼)とも呼ばれる。別名にフローズヴィトニル(Hróðvitnir, 悪評高き狼の意)やヴァナルガンド(Vanargand, 破壊の杖)などがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 22274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3978 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57991423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フェンリル(Fenrir, 「地を揺らすもの」の意)は、北欧神話に登場する狼の姿をした巨大な怪物。ロキが女巨人アングルボザとの間にもうけた、またはその心臓を食べて産んだ三兄妹の長子。彼の次にヨルムンガンドが、三人目にヘルが生まれた。神々に災いをもたらすと予言され、ラグナロクでは最高神オーディンと対峙して彼を飲み込む。語尾に『狼』をつけてフェンリス狼 (Fenrisúlfr) 、フェンリスヴォルフまたはフェンリスウールヴ(フェンリル狼)とも呼ばれる。別名にフローズヴィトニル(Hróðvitnir, 悪評高き狼の意)やヴァナルガンド(Vanargand, 破壊の杖)などがある。
rdfs:label
  • フェンリル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of