Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フェルラ酸(フェルラさん、ferulic acid)はフィトケミカルとして植物の細胞壁などに存在する有機化合物。ケイ皮酸の誘導体で、リグニンを構成する。また、他の芳香族化合物の合成の前駆体となる。地中海沿岸に自生するセリ科の植物オオウイキョウ(Ferula communis)から発見・命名された。
dbpedia-owl:iupacName
  • (E)-3-(4-ヒドロキシ-3-メトキシ-フェニル)プロパン-2-エノール酸
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1298963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4247 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58648034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Ferulic acid acsv.svg
prop-ja:iupacname
  • -3 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フェルラ酸(フェルラさん、ferulic acid)はフィトケミカルとして植物の細胞壁などに存在する有機化合物。ケイ皮酸の誘導体で、リグニンを構成する。また、他の芳香族化合物の合成の前駆体となる。地中海沿岸に自生するセリ科の植物オオウイキョウ(Ferula communis)から発見・命名された。
rdfs:label
  • フェルラ酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 2-プロペノン酸
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of