Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フェルディナン・フィリップ・マリー・ドルレアン(Ferdinand Philippe Marie d'Orléans, 1844年6月12日 - 1910年6月29日)は、7月王政期のフランスの王族。オルレアン家のフランス王ルイ・フィリップ1世の孫息子の一人。アランソン公(duc d'Alençon)の儀礼称号で呼ばれた。ルイ・フィリップ王の次男ヌムール公ルイ・シャルルと、その妻のザクセン=コーブルク=ゴータ公女ヴィクトリアの間に次男として生まれた。1868年9月28日、バイエルン公マックス・ヨーゼフの娘ゾフィーと結婚し、一男一女をもうけた。ルイーズ(1869年 - 1952年) - 1891年、バイエルン王子アルフォンスと結婚エマニュエル(1872年 - 1931年) - ヴァンドーム公、1894年にベルギー王女アンリエットと結婚
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2183879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47136451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フェルディナン・フィリップ・マリー・ドルレアン(Ferdinand Philippe Marie d'Orléans, 1844年6月12日 - 1910年6月29日)は、7月王政期のフランスの王族。オルレアン家のフランス王ルイ・フィリップ1世の孫息子の一人。アランソン公(duc d'Alençon)の儀礼称号で呼ばれた。ルイ・フィリップ王の次男ヌムール公ルイ・シャルルと、その妻のザクセン=コーブルク=ゴータ公女ヴィクトリアの間に次男として生まれた。1868年9月28日、バイエルン公マックス・ヨーゼフの娘ゾフィーと結婚し、一男一女をもうけた。ルイーズ(1869年 - 1952年) - 1891年、バイエルン王子アルフォンスと結婚エマニュエル(1872年 - 1931年) - ヴァンドーム公、1894年にベルギー王女アンリエットと結婚
rdfs:label
  • フェルディナン・ドルレアン (アランソン公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of