Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フェラーリ 500F2 (Ferrari 500F2) は、スクーデリア・フェラーリが1952年から1953年にかけてF1世界選手権で使用したフォーミュラ2カーである。車名の「500」はエンジン1気筒あたりのシリンダー容積500ccをあらわす(500cc×4気筒=2,000cc)。2年間に渡り圧倒的な成績を収め、アルベルト・アスカリが2年連続ドライバーズチャンピオンに輝いた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2028610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47203968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • フェラーリ Tipo500
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:コンストラクターズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
prop-ja:ドライバー
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • フェラーリ 500F2
prop-ja:優勝回数
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:先代
prop-ja:初勝利
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:後継
prop-ja:最終戦
  • 1953 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Ferrari 500.jpeg
prop-ja:表彰台回数
  • 31 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フェラーリ 500F2 (Ferrari 500F2) は、スクーデリア・フェラーリが1952年から1953年にかけてF1世界選手権で使用したフォーミュラ2カーである。車名の「500」はエンジン1気筒あたりのシリンダー容積500ccをあらわす(500cc×4気筒=2,000cc)。2年間に渡り圧倒的な成績を収め、アルベルト・アスカリが2年連続ドライバーズチャンピオンに輝いた。
rdfs:label
  • フェラーリ・500F2
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:後継 of
is foaf:primaryTopic of