フェノール (英: phenol、benzenol) は、 * 広義には、芳香環に水酸基(ヒドロキシ基)が結合した化合物全般である「フェノール類」を指す。化学式はArOHで表される(Arはベンゼン環やナフタレン環など)。 * 狭義には、フェノール類のうち もっとも簡単な化合物であるヒドロキシベンゼン、つまりベンゼンの水素原子の一つが水酸基(ヒドロキシル基)に置換された化合物のこと。 (百科事典でも、ニッポニカでは「フェノール」の記事で広義のフェノール(フェノール類)の解説をしているのだが)このWikipediaでは、「フェノール」の記事で狭義のフェノールに重きを置いて解説し、広義のフェノールについては別に立てた「フェノール類」の記事で解説することにする。 概説 狭義のフェノールは芳香族化合物のひとつで、有機化合物。 性質としては、常温では白色の結晶で、常温の水にはいくらか溶け、エチルアルコールなどにはよく溶け、水彩絵具のような特有の薬品臭を持つ。→ フェノールという名は、ベンゼンの古名「phene」に由来。和名は石炭酸(せきたんさん)。

Property Value
dbo:abstract
  • フェノール (英: phenol、benzenol) は、 * 広義には、芳香環に水酸基(ヒドロキシ基)が結合した化合物全般である「フェノール類」を指す。化学式はArOHで表される(Arはベンゼン環やナフタレン環など)。 * 狭義には、フェノール類のうち もっとも簡単な化合物であるヒドロキシベンゼン、つまりベンゼンの水素原子の一つが水酸基(ヒドロキシル基)に置換された化合物のこと。 (百科事典でも、ニッポニカでは「フェノール」の記事で広義のフェノール(フェノール類)の解説をしているのだが)このWikipediaでは、「フェノール」の記事で狭義のフェノールに重きを置いて解説し、広義のフェノールについては別に立てた「フェノール類」の記事で解説することにする。 概説 狭義のフェノールは芳香族化合物のひとつで、有機化合物。 性質としては、常温では白色の結晶で、常温の水にはいくらか溶け、エチルアルコールなどにはよく溶け、水彩絵具のような特有の薬品臭を持つ。→ フェノールという名は、ベンゼンの古名「phene」に由来。和名は石炭酸(せきたんさん)。 (ja)
  • フェノール (英: phenol、benzenol) は、 * 広義には、芳香環に水酸基(ヒドロキシ基)が結合した化合物全般である「フェノール類」を指す。化学式はArOHで表される(Arはベンゼン環やナフタレン環など)。 * 狭義には、フェノール類のうち もっとも簡単な化合物であるヒドロキシベンゼン、つまりベンゼンの水素原子の一つが水酸基(ヒドロキシル基)に置換された化合物のこと。 (百科事典でも、ニッポニカでは「フェノール」の記事で広義のフェノール(フェノール類)の解説をしているのだが)このWikipediaでは、「フェノール」の記事で狭義のフェノールに重きを置いて解説し、広義のフェノールについては別に立てた「フェノール類」の記事で解説することにする。 概説 狭義のフェノールは芳香族化合物のひとつで、有機化合物。 性質としては、常温では白色の結晶で、常温の水にはいくらか溶け、エチルアルコールなどにはよく溶け、水彩絵具のような特有の薬品臭を持つ。→ フェノールという名は、ベンゼンの古名「phene」に由来。和名は石炭酸(せきたんさん)。 (ja)
dbo:imageSize
  • 75 (xsd:integer)
dbo:iupacName
  • フェノール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
  • フェノール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 27902 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6835 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81089310 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Phenol-3D-balls.png (ja)
  • Phenol2.svg (ja)
  • Phenol-3D-balls.png (ja)
  • Phenol2.svg (ja)
prop-ja:imagefiler
  • Phenol-2D-skeletal.png (ja)
  • Phenol-3D-vdW.png (ja)
  • Phenol-2D-skeletal.png (ja)
  • Phenol-3D-vdW.png (ja)
prop-ja:imagesizel
  • 75 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 75 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • フェノール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
  • フェノール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
prop-ja:name
  • フェノール (ja)
  • フェノール (ja)
prop-ja:othernames
  • ヒドロキシベンゼン (ja)
  • フェニルアルコール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
  • 石炭酸 (ja)
  • ヒドロキシベンゼン (ja)
  • フェニルアルコール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
  • 石炭酸 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フェノール (英: phenol、benzenol) は、 * 広義には、芳香環に水酸基(ヒドロキシ基)が結合した化合物全般である「フェノール類」を指す。化学式はArOHで表される(Arはベンゼン環やナフタレン環など)。 * 狭義には、フェノール類のうち もっとも簡単な化合物であるヒドロキシベンゼン、つまりベンゼンの水素原子の一つが水酸基(ヒドロキシル基)に置換された化合物のこと。 (百科事典でも、ニッポニカでは「フェノール」の記事で広義のフェノール(フェノール類)の解説をしているのだが)このWikipediaでは、「フェノール」の記事で狭義のフェノールに重きを置いて解説し、広義のフェノールについては別に立てた「フェノール類」の記事で解説することにする。 概説 狭義のフェノールは芳香族化合物のひとつで、有機化合物。 性質としては、常温では白色の結晶で、常温の水にはいくらか溶け、エチルアルコールなどにはよく溶け、水彩絵具のような特有の薬品臭を持つ。→ フェノールという名は、ベンゼンの古名「phene」に由来。和名は石炭酸(せきたんさん)。 (ja)
  • フェノール (英: phenol、benzenol) は、 * 広義には、芳香環に水酸基(ヒドロキシ基)が結合した化合物全般である「フェノール類」を指す。化学式はArOHで表される(Arはベンゼン環やナフタレン環など)。 * 狭義には、フェノール類のうち もっとも簡単な化合物であるヒドロキシベンゼン、つまりベンゼンの水素原子の一つが水酸基(ヒドロキシル基)に置換された化合物のこと。 (百科事典でも、ニッポニカでは「フェノール」の記事で広義のフェノール(フェノール類)の解説をしているのだが)このWikipediaでは、「フェノール」の記事で狭義のフェノールに重きを置いて解説し、広義のフェノールについては別に立てた「フェノール類」の記事で解説することにする。 概説 狭義のフェノールは芳香族化合物のひとつで、有機化合物。 性質としては、常温では白色の結晶で、常温の水にはいくらか溶け、エチルアルコールなどにはよく溶け、水彩絵具のような特有の薬品臭を持つ。→ フェノールという名は、ベンゼンの古名「phene」に由来。和名は石炭酸(せきたんさん)。 (ja)
rdfs:label
  • フェノール (ja)
  • フェノール (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • フェノール (ja)
  • ヒドロキシベンゼン (ja)
  • フェニルアルコール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
  • 石炭酸 (ja)
  • フェノール (ja)
  • ヒドロキシベンゼン (ja)
  • フェニルアルコール (ja)
  • ベンゼノール (ja)
  • 石炭酸 (ja)
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:othercpds of
is prop-ja:専用種別 of
is foaf:primaryTopic of