Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『フェイス・トゥ・フェイス』(Face to Face)は、1966年にリリースされたザ・キンクスのアルバム。本作はキンクスの主要ソングライターであるレイ・デイヴィスのブレイクスルーであると言える。その作風における皮肉な観察眼と社会風刺が十分に表れた初の作品であった。その作風の変化は初期のロックンロール・スタイルを放棄し、国際的スターへの成長の始まりであった。本作のレコーディングは初めて一回のセッションではなく数ヶ月を要することとなった。レイ・デイヴィスは本作レコーディング前に一時的な心身疲労により休養に入っていた。このアルバムから始まる1966年から1971年の期間はデイヴィスとキンクスの「黄金時代」とその後呼ばれるようになった。幾人かの音楽評論家は本作をロック/ポップスにおける最初のコンセプト・アルバムの一つと認める。本作の製作当初、レイ・デイヴィスは曲間の無音部に効果音を入れ一繋がりの作品としてリリースする予定でいたが、パイ・レコードから無音部を入れた標準のフォーマットに戻すよう強いられた。結果として「パーティ・ライン」「ワイキキの休暇」「6月の雨の日」等にその効果音の一部が残されたが、最終的には大半が消去された。本作リリース時バンドは多くのトラブルに遭遇した。ベースのピート・クウェイフが交通事故に遭い一時的にバンドを離れ、そのまま脱退するが二ヶ月で復帰したり、契約上の係争やツアーでのトラブルが多発していた。アルバムの評価はそれほど悪くなかったが、リリース当時は売れ行きがそれほど伸びず、長年廃盤となっていた。1998年にリマスター盤がボーナス・トラックを加えて発売された。
dbpedia-owl:album
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:review
  • http://www.allmusic.com/album/r11010
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:title
  • フェイス・トゥ・フェイス
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 350448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47842522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastAlbum
prop-ja:length
  • 59 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • フェイス・トゥ・フェイス
prop-ja:nextAlbum
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
  • --04-21
  • --10-23
prop-ja:released
  • --10-28
prop-ja:reviews
  • *All Music Guide image:5of5.svg link
prop-ja:thisAlbum
  • (1966年)
  • フェイス・トゥ・フェイス
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『フェイス・トゥ・フェイス』(Face to Face)は、1966年にリリースされたザ・キンクスのアルバム。本作はキンクスの主要ソングライターであるレイ・デイヴィスのブレイクスルーであると言える。その作風における皮肉な観察眼と社会風刺が十分に表れた初の作品であった。その作風の変化は初期のロックンロール・スタイルを放棄し、国際的スターへの成長の始まりであった。本作のレコーディングは初めて一回のセッションではなく数ヶ月を要することとなった。レイ・デイヴィスは本作レコーディング前に一時的な心身疲労により休養に入っていた。このアルバムから始まる1966年から1971年の期間はデイヴィスとキンクスの「黄金時代」とその後呼ばれるようになった。幾人かの音楽評論家は本作をロック/ポップスにおける最初のコンセプト・アルバムの一つと認める。本作の製作当初、レイ・デイヴィスは曲間の無音部に効果音を入れ一繋がりの作品としてリリースする予定でいたが、パイ・レコードから無音部を入れた標準のフォーマットに戻すよう強いられた。結果として「パーティ・ライン」「ワイキキの休暇」「6月の雨の日」等にその効果音の一部が残されたが、最終的には大半が消去された。本作リリース時バンドは多くのトラブルに遭遇した。ベースのピート・クウェイフが交通事故に遭い一時的にバンドを離れ、そのまま脱退するが二ヶ月で復帰したり、契約上の係争やツアーでのトラブルが多発していた。アルバムの評価はそれほど悪くなかったが、リリース当時は売れ行きがそれほど伸びず、長年廃盤となっていた。1998年にリマスター盤がボーナス・トラックを加えて発売された。
rdfs:label
  • フェイス・トゥ・フェイス (キンクスのアルバム)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:album of
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:album of
is prop-ja:lastAlbum of
is prop-ja:nextAlbum of
is foaf:primaryTopic of