Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィンランド文学では、フィンランドで書かれた文学について言及する。フィンランドの最古のテキストは、フィンランドの中世(1200年-1223年)にスウェーデン語、若しくはラテン語で書かれたものであった。フィンランド語での文学は16世紀以降徐々に発展してきたものである。フィンランド文学の最初の芸術的な絶頂期は19世紀中ごろのナショナル・ロマンティシズムの時代であった。スウェーデン語や次第にフィンランド語で書かれてきた時代の多くの重要な作品は、強いフィンランド人としてのアイデンティティを各所で勝ち取ったり、守り通したりすることが展開されている。(カレリアニズムを参照)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2854150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49275600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フィンランド文学では、フィンランドで書かれた文学について言及する。フィンランドの最古のテキストは、フィンランドの中世(1200年-1223年)にスウェーデン語、若しくはラテン語で書かれたものであった。フィンランド語での文学は16世紀以降徐々に発展してきたものである。フィンランド文学の最初の芸術的な絶頂期は19世紀中ごろのナショナル・ロマンティシズムの時代であった。スウェーデン語や次第にフィンランド語で書かれてきた時代の多くの重要な作品は、強いフィンランド人としてのアイデンティティを各所で勝ち取ったり、守り通したりすることが展開されている。(カレリアニズムを参照)
rdfs:label
  • フィンランド文学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of