Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィンエアーは、フィンランド共和国・ヘルシンキ・ヴァンター国際空港を拠点としている航空会社である。航空連合のワンワールド(oneworld)に加盟している。殆どのヨーロッパ主要都市へ多数の路線を運航している他、自社運航便に加え、ワンワールド加盟航空会社、フィンエアー・グループ航空会社(フライビー・フィンランド)、および提携他社運航便もコードシェア便(Code sharing)として各都市へ就航・運航しており、フィンエアー便(IATAコード・AY)として搭乗可能な路線は、全世界に広がっている。2013年3月7日、フィンエアーは、ワンワールド・アライアンスパートナーのアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空による、大西洋路線の共同事業に参画する意向を発表[1]。各路線に4社の便名が付与され、コードシェア便の運航を行う事となった。また、2014年4月11日には、USエアウェイズが大西洋路線共同事業に参画 。これにより、北アメリカ・南アメリカ・アフリカ方面に、さらにフィンエアーの路線が増える事となる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2735788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58241501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:内容過剰
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:出典の明記
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2014 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フィンエアーは、フィンランド共和国・ヘルシンキ・ヴァンター国際空港を拠点としている航空会社である。航空連合のワンワールド(oneworld)に加盟している。殆どのヨーロッパ主要都市へ多数の路線を運航している他、自社運航便に加え、ワンワールド加盟航空会社、フィンエアー・グループ航空会社(フライビー・フィンランド)、および提携他社運航便もコードシェア便(Code sharing)として各都市へ就航・運航しており、フィンエアー便(IATAコード・AY)として搭乗可能な路線は、全世界に広がっている。2013年3月7日、フィンエアーは、ワンワールド・アライアンスパートナーのアメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空による、大西洋路線の共同事業に参画する意向を発表[1]。各路線に4社の便名が付与され、コードシェア便の運航を行う事となった。また、2014年4月11日には、USエアウェイズが大西洋路線共同事業に参画 。これにより、北アメリカ・南アメリカ・アフリカ方面に、さらにフィンエアーの路線が増える事となる。
rdfs:label
  • フィンエアーの就航都市
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of