Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィロキノン(Phylloquinone)は、ナフトキノン骨格をもつ化合物の1つ。光合成装置のうち光化学系Iにおいて電子伝達体として機能する。また動物体内ではガンマグルタミルカルボキシラーゼの補因子として働くことから、ビタミンK1とも呼ばれる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 84-80-0
dbpedia-owl:iupacName
  • または
  • 2-メチル-3-フィチル-1,4-ナフトキノン
  • 2-メチル-3-(3,7,11,15-テトラメチル-2-ヘキサデセニル)-1,4-ナフタレンジオン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 98482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53582386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 84 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • フィロキノン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C31H46O2
prop-ja:分子量
  • 450.710000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • ビタミンK1、フィトナジオン
prop-ja:密度
  • 0.970000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 淡黄色油状
prop-ja:構造式
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:沸点
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • −20
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フィロキノン(Phylloquinone)は、ナフトキノン骨格をもつ化合物の1つ。光合成装置のうち光化学系Iにおいて電子伝達体として機能する。また動物体内ではガンマグルタミルカルボキシラーゼの補因子として働くことから、ビタミンK1とも呼ばれる。
rdfs:label
  • フィロキノン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ビタミンK1、フィトナジオン
  • フィロキノン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of