Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィルモン・ポウノル(Philemon Pownoll、1734年頃-1780年6月15日)はイギリス海軍の士官である。オーストリア継承戦争、七年戦争、アメリカ独立戦争で活躍し、ポストキャプテン(肩書きのみならず職権をも有する大佐)にまで昇進した。ポウノルは一流の船大工の子として生まれ、オーストリア継承戦争の最後の年に海軍に入った。数年間の任務の後、七年戦争の勃発時には自分で艦を指揮するほどにまで出世した。七年戦争ではスループオブウォーを指揮し、戦闘のすべてを通じて最も価値のある船を拿捕して、一夜にして大金持ちになった。ポウノルは結婚して土地を買ったが、その富にもかかわらず、アメリカ独立戦争の勃発とともに第一線に戻った。現役の間を通じて、ポウノルは、エドワード・ペリューやジョン・ボルラス・ウォーレンといった著名な艦長たちの教師的な存在だった北アメリカにおいて部隊の支援や輸送をうまくこなし、その行動は際立っていた。また、ジブラルタル包囲戦のような、より大きな艦隊による海戦にも参戦した。1779年には、フランスの私掠船と激しい戦いを繰り広げ、その時に胸に銃弾を受け、その後、彼が死ぬまでその銃弾は取り去られることはなかった。翌年、またも重装備の私掠船と交戦し、そのさなかに砲弾を受けて戦死した。この交戦は指揮下の1等海尉ペリューが勝利に持ち込んだ。彼の戦死は、ジョン・ジャーヴィスやエドワード・ペリューをはじめとする、同時代の主な海軍軍人からの尊敬を受けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2689500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12021 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59153555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dateOfBirth
  • c. 1734
prop-ja:dateOfDeath
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Pownoll, Philemon
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
  • Aboard HMS Apollo, off Ostend
prop-ja:shortDescription
  • Royal Navy officer during the War of the Austrian Succession, the Seven Years' War and the American War of Independence
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:各国語表記
  • Philemon Pownoll
prop-ja:所属組織
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:最終階級
  • ポストキャプテン
prop-ja:死没地
prop-ja:氏名
  • フィルモン・ポウノル
prop-ja:没年月日
  • --06-15
prop-ja:生年月日
  • 1734 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
prop-ja:画像
  • Philemon Pownoll.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • フィルモン・ポウノルの肖像 サー・ジョシュア・レノルズ作
prop-ja:軍歴
  • --01-08
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フィルモン・ポウノル(Philemon Pownoll、1734年頃-1780年6月15日)はイギリス海軍の士官である。オーストリア継承戦争、七年戦争、アメリカ独立戦争で活躍し、ポストキャプテン(肩書きのみならず職権をも有する大佐)にまで昇進した。ポウノルは一流の船大工の子として生まれ、オーストリア継承戦争の最後の年に海軍に入った。数年間の任務の後、七年戦争の勃発時には自分で艦を指揮するほどにまで出世した。七年戦争ではスループオブウォーを指揮し、戦闘のすべてを通じて最も価値のある船を拿捕して、一夜にして大金持ちになった。ポウノルは結婚して土地を買ったが、その富にもかかわらず、アメリカ独立戦争の勃発とともに第一線に戻った。現役の間を通じて、ポウノルは、エドワード・ペリューやジョン・ボルラス・ウォーレンといった著名な艦長たちの教師的な存在だった北アメリカにおいて部隊の支援や輸送をうまくこなし、その行動は際立っていた。また、ジブラルタル包囲戦のような、より大きな艦隊による海戦にも参戦した。1779年には、フランスの私掠船と激しい戦いを繰り広げ、その時に胸に銃弾を受け、その後、彼が死ぬまでその銃弾は取り去られることはなかった。翌年、またも重装備の私掠船と交戦し、そのさなかに砲弾を受けて戦死した。この交戦は指揮下の1等海尉ペリューが勝利に持ち込んだ。彼の戦死は、ジョン・ジャーヴィスやエドワード・ペリューをはじめとする、同時代の主な海軍軍人からの尊敬を受けた。
rdfs:label
  • フィルモン・ポウノル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of