Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『フィルム・カルチャー』(Film Culture)は、1954年、ジョナス・メカス(英: Jonas Mekas)とアドルファス・メカス(英: Adolfas Mekas)の兄弟によって創刊されたアメリカ合衆国の映画雑誌。実験映画に関する評論で知られ、映画史家ゴードン・ヒチンズは『フィルム・カルチャー』創刊の主たる目的として「作家主義の推進と保護」を挙げている。代表的な映画評論家にアンドリュー・サリス(英: Andrew Sarris)、マニー・ファーバー(英: Manny Farber)、パーカー・タイラー(英: Parker Tyler)、ルドルフ・アルンハイム(英: Rudolf Arnheim)、スタン・ブラッケージ(英: Stan Brakhage)などがいる。『フィルム・カルチャー』の記事はFilm Culture ReaderとしてCooper Square Press社より発刊される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1617147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55886866 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『フィルム・カルチャー』(Film Culture)は、1954年、ジョナス・メカス(英: Jonas Mekas)とアドルファス・メカス(英: Adolfas Mekas)の兄弟によって創刊されたアメリカ合衆国の映画雑誌。実験映画に関する評論で知られ、映画史家ゴードン・ヒチンズは『フィルム・カルチャー』創刊の主たる目的として「作家主義の推進と保護」を挙げている。代表的な映画評論家にアンドリュー・サリス(英: Andrew Sarris)、マニー・ファーバー(英: Manny Farber)、パーカー・タイラー(英: Parker Tyler)、ルドルフ・アルンハイム(英: Rudolf Arnheim)、スタン・ブラッケージ(英: Stan Brakhage)などがいる。『フィルム・カルチャー』の記事はFilm Culture ReaderとしてCooper Square Press社より発刊される。
rdfs:label
  • フィルム・カルチャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of