Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィリップ(Philip, 1448年7月14日 - 1508年2月28日)は、プファルツ選帝侯(在位:1476年 - 1508年)。ルートヴィヒ4世と妃マルガレーテの一人息子。父はフィリップが1歳の時に死去し、叔父フリードリヒ1世の後見下に置かれた。その後フリードリヒ1世は自ら選帝侯位に就き、フィリップはその養嗣子という立場になった。1476年に叔父が嫡子の無いまま亡くなり、フィリップが選帝侯位を継承した。1481年、ヨハン・ダールベルクをハイデルベルク大学に招聘した。また1499年、従叔父のプファルツ=モスバッハ=ノイマルクト公オットー2世が亡くなり、遺領を継承した。1503年に義兄のバイエルン=ランツフート公ゲオルクが亡くなると、遺領を巡ってバイエルン=ミュンヘン公アルブレヒト4世と3男のループレヒト(ゲオルクの婿)が対立、ランツフート継承戦争が勃発した。1505年、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の仲裁で和睦、戦後は孫のプファルツ=ノイブルク公オットー・ハインリヒの後見役を務めた。1508年に死去、プファルツ選帝侯位は長男のルートヴィヒ5世が継承、オットー・ハインリヒの後見役は四男のフリードリヒが引き継いだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 935394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47191361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フィリップ(Philip, 1448年7月14日 - 1508年2月28日)は、プファルツ選帝侯(在位:1476年 - 1508年)。ルートヴィヒ4世と妃マルガレーテの一人息子。父はフィリップが1歳の時に死去し、叔父フリードリヒ1世の後見下に置かれた。その後フリードリヒ1世は自ら選帝侯位に就き、フィリップはその養嗣子という立場になった。1476年に叔父が嫡子の無いまま亡くなり、フィリップが選帝侯位を継承した。1481年、ヨハン・ダールベルクをハイデルベルク大学に招聘した。また1499年、従叔父のプファルツ=モスバッハ=ノイマルクト公オットー2世が亡くなり、遺領を継承した。1503年に義兄のバイエルン=ランツフート公ゲオルクが亡くなると、遺領を巡ってバイエルン=ミュンヘン公アルブレヒト4世と3男のループレヒト(ゲオルクの婿)が対立、ランツフート継承戦争が勃発した。1505年、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の仲裁で和睦、戦後は孫のプファルツ=ノイブルク公オットー・ハインリヒの後見役を務めた。1508年に死去、プファルツ選帝侯位は長男のルートヴィヒ5世が継承、オットー・ハインリヒの後見役は四男のフリードリヒが引き継いだ。
rdfs:label
  • フィリップ (プファルツ選帝侯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of