Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィリップ・ワッツ(Sir Phillip Watts、1846年5月30日 - 1926年3月15日)はイギリスの軍艦設計技師である。アームストロング・ホイットワース在職中に日本の八島、初瀬を設計するなどウィリアム・ヘンリー・ホワイトに次ぐ名技師としてその名を知られるようになった。1902年ホワイトの退官に伴い海軍省造船局長・主任設計者となり、ドレッドノート、インヴィンシブル、クイーン・エリザベス、タイガーなど多数の弩級戦艦、超弩級戦艦を設計した。金剛もその指導に負うところが多い。1912年ユースタス・テニスン・ダインコートに職を譲って退官した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2965282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57537796 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フィリップ・ワッツ(Sir Phillip Watts、1846年5月30日 - 1926年3月15日)はイギリスの軍艦設計技師である。アームストロング・ホイットワース在職中に日本の八島、初瀬を設計するなどウィリアム・ヘンリー・ホワイトに次ぐ名技師としてその名を知られるようになった。1902年ホワイトの退官に伴い海軍省造船局長・主任設計者となり、ドレッドノート、インヴィンシブル、クイーン・エリザベス、タイガーなど多数の弩級戦艦、超弩級戦艦を設計した。金剛もその指導に負うところが多い。1912年ユースタス・テニスン・ダインコートに職を譲って退官した。
rdfs:label
  • フィリップ・ワッツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of