Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィリッパ・ルース・フット(Philippa Ruth Foot、旧姓Bosanquet、1920年10月3日-2010年10月3日)はイギリスの哲学者。倫理学分野における業績で著名。今日の徳倫理学を築いたうちの一人と目されている。1950年代・1960年代の研究とそれ以降では立場に大きな違いがあり、後年はアリストテレスの倫理学を現代に復活させ、それが現代社会の問題に対しても適応可能であり、義務論や功利主義といった現代持て囃されている倫理学説にも対抗しうるものであることを示そうと試みたものと捉える事が出来る。また特に帰結主義を批判して、分析哲学の内に規範倫理学を再び打ち立てようとした研究も非常に重要である。よく知られた例はいわゆる「トロッコ問題」であり、この問題については今も議論が続けられている。フットの方法論には後期ウィトゲンシュタインの影響が見てとれるが、ウィトゲンシュタインによって扱われた題材をそのまま取り上げることはほとんどなかった。Philippa Ruth Foot (née Bosanquet; 3 October 1920 – 3 October 2010) was a British philosopher, most notable for her works in ethics. She was one of the founders of contemporary virtue ethics. Her later career marked a significant change in view from her work in the 1950s and 1960s, and may be seen as an attempt to modernize Aristotelian ethical theory, to show that it is adaptable to a contemporary world view, and thus, that it could compete with such popular theories as modern deontological and utilitarian ethics. Some of her work was crucial in the re-emergence of normative ethics within analytic philosophy, especially her critique of consequentialism. A familiar example is the continuing discussion of an example of hers referred to as the trolley problem. Foot's approach was influenced by the later work of Wittgenstein, although she rarely dealt explicitly with materials treated by him.
dbpedia-owl:birthYear
  • 0003-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathDate
  • 2010-10-03 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 2010-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:era
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1076206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57269792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:color
  • #B0C4DE
prop-ja:date
  • April 2011
prop-ja:reason
  • Please give a source for this quote.
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • フィリッパ・フット
prop-ja:地域
prop-ja:学派
prop-ja:影響を与えた人物
prop-ja:影響を受けた人物
prop-ja:時代
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:没年月日
  • 2010-10-03 (xsd:date)
prop-ja:特記すべき概念
prop-ja:生年月日
  • --10-03
prop-ja:研究分野
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フィリッパ・ルース・フット(Philippa Ruth Foot、旧姓Bosanquet、1920年10月3日-2010年10月3日)はイギリスの哲学者。倫理学分野における業績で著名。今日の徳倫理学を築いたうちの一人と目されている。1950年代・1960年代の研究とそれ以降では立場に大きな違いがあり、後年はアリストテレスの倫理学を現代に復活させ、それが現代社会の問題に対しても適応可能であり、義務論や功利主義といった現代持て囃されている倫理学説にも対抗しうるものであることを示そうと試みたものと捉える事が出来る。また特に帰結主義を批判して、分析哲学の内に規範倫理学を再び打ち立てようとした研究も非常に重要である。よく知られた例はいわゆる「トロッコ問題」であり、この問題については今も議論が続けられている。フットの方法論には後期ウィトゲンシュタインの影響が見てとれるが、ウィトゲンシュタインによって扱われた題材をそのまま取り上げることはほとんどなかった。Philippa Ruth Foot (née Bosanquet; 3 October 1920 – 3 October 2010) was a British philosopher, most notable for her works in ethics.
rdfs:label
  • フィリッパ・フット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • フィリッパ・フット
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is foaf:primaryTopic of