Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィブロネクチン(Fibronectin、略称: FN、Fn、fn、FN1)は、巨大な糖タンパク質で、細胞接着分子である。ヒト由来や哺乳動物由来のフィブロネクチンがよく研究されている。以下は、主にヒト由来フィブロネクチンの知見である。単量体は2,146-2,325アミノ酸残基からなり、分子量は210-250kDaである。細胞接着分子として、in vitroで、細胞の接着、成長、移動、分化を促進することから、in vivoで、細胞の細胞外マトリックスへの接着、結合組織の形成・保持、創傷治癒、胚発生での組織や器官の形態・区画の形成・維持など、脊椎動物の正常な生命機能を支える多くの機能があると考えられている。フィブロネクチンの発現異常、分解、器質化は、ガンや線維化(線維症)をはじめとする多くの疾患の病理に関連している。フィブロネクチンは、細胞膜上の受容体タンパク質であるインテグリンと結合する。また、コラーゲン、フィブリン、ヘパラン硫酸プロテオグリカン(たとえばシンデカン)などと結合し、細胞外マトリックスを形成する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2097980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 65601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58273875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:altsymbols
  • ; CIG; ED-B; FINC; FN; FNZ; GFND; GFND2; LETS; MSF
prop-ja:chembl
  • 3810 (xsd:integer)
prop-ja:geneatlasImage
  • PBB_GE_FN1_210495_x_at_tn.png
  • PBB_GE_FN1_211719_x_at_tn.png
  • PBB_GE_FN1_212464_s_at_tn.png
prop-ja:hgncid
  • 3778 (xsd:integer)
prop-ja:homologene
  • 1533 (xsd:integer)
prop-ja:hsEnsembl
  • ENSG00000115414
prop-ja:hsEntrezgene
  • 2335 (xsd:integer)
prop-ja:hsGenlocChr
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:hsGenlocDb
  • hg19
prop-ja:hsGenlocEnd
  • 216300895 (xsd:integer)
prop-ja:hsGenlocStart
  • 216225163 (xsd:integer)
prop-ja:hsRefseqmrna
  • NM_002026
prop-ja:hsRefseqprotein
  • NP_002017
prop-ja:hsUniprot
  • P02751
prop-ja:imageSource
  • PDB rendering based on 1e88.
prop-ja:mgiid
  • 95566 (xsd:integer)
prop-ja:mmEnsembl
  • ENSMUSG00000026193
prop-ja:mmEntrezgene
  • 14268 (xsd:integer)
prop-ja:mmGenlocChr
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:mmGenlocDb
  • mm9
prop-ja:mmGenlocEnd
  • 71653171 (xsd:integer)
prop-ja:mmGenlocStart
  • 71585523 (xsd:integer)
prop-ja:mmRefseqmrna
  • NM_001276408
prop-ja:mmRefseqprotein
  • NP_001263337
prop-ja:mmUniprot
  • P11276
prop-ja:name
  • フィブロネクチン
prop-ja:omim
  • 135600 (xsd:integer)
prop-ja:path
  • PBB/2335
prop-ja:pdb
  • , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
prop-ja:symbol
  • FN1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フィブロネクチン(Fibronectin、略称: FN、Fn、fn、FN1)は、巨大な糖タンパク質で、細胞接着分子である。ヒト由来や哺乳動物由来のフィブロネクチンがよく研究されている。以下は、主にヒト由来フィブロネクチンの知見である。単量体は2,146-2,325アミノ酸残基からなり、分子量は210-250kDaである。細胞接着分子として、in vitroで、細胞の接着、成長、移動、分化を促進することから、in vivoで、細胞の細胞外マトリックスへの接着、結合組織の形成・保持、創傷治癒、胚発生での組織や器官の形態・区画の形成・維持など、脊椎動物の正常な生命機能を支える多くの機能があると考えられている。フィブロネクチンの発現異常、分解、器質化は、ガンや線維化(線維症)をはじめとする多くの疾患の病理に関連している。フィブロネクチンは、細胞膜上の受容体タンパク質であるインテグリンと結合する。また、コラーゲン、フィブリン、ヘパラン硫酸プロテオグリカン(たとえばシンデカン)などと結合し、細胞外マトリックスを形成する。
rdfs:label
  • フィブロネクチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of