Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フィアット・126は、フィアットが製造していた小型自動車である。メカニズム的に見るとヌオーヴァ500の後継車といえる。スタイリングは、カロッツェリア・ギアからフィアット・デザインセンター(Centro Stile Fiat)に移籍していたSergio Sartorelli。日本での登録区分は輸入開始以来普通車(小型自動車)であったが、1990年(平成)1月の規格改定以降、新規の場合、594ccと652ccモデルは軽自動車登録が可能となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2132477 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49651063 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1枚目画像名
  • Centoventisei.jpg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • 594 (xsd:integer)
  • 空冷直列2気筒OHV
prop-ja:サスペンション
  • 前:ダブルウィッシュボーン+横置きリーフスプリング
  • 後:セミトレーリングアーム+コイルスプリング
prop-ja:トランスミッション
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:ホイールベース
  • 1840.0
prop-ja:ボディタイプ
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:乗車定員
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:先代
prop-ja:全幅
  • 1378.0
prop-ja:全長
  • 3054.0
prop-ja:全高
  • 1302.0
prop-ja:後継
prop-ja:製造国
prop-ja:販売期間
  • ポ製:1973年 - 2000年
  • 伊製:1972年 - 1980年
prop-ja:車両重量
  • 580 (xsd:integer)
prop-ja:車種
  • 軽自動車
prop-ja:駆動方式
  • RR
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フィアット・126は、フィアットが製造していた小型自動車である。メカニズム的に見るとヌオーヴァ500の後継車といえる。スタイリングは、カロッツェリア・ギアからフィアット・デザインセンター(Centro Stile Fiat)に移籍していたSergio Sartorelli。日本での登録区分は輸入開始以来普通車(小型自動車)であったが、1990年(平成)1月の規格改定以降、新規の場合、594ccと652ccモデルは軽自動車登録が可能となった。
rdfs:label
  • フィアット・126
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of