Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ファンキー・ジャズは、ハード・バップから派生した、あるいはその後継者的音楽と解釈される、モダン・ジャズの一分野。1950年代終盤から1960年代初頭までには確立した。ファンキー・ジャズ(ソウル・ジャズ)は、ハード・バップのうちブルースのフィーリングを強調し、ゴスペルの要素が加わった演奏形態である。黒人音楽的要素がより強く、ビバップやハード・バップに共通した要素である、コードを分解し、旋律を再構成する際に、ペンタトニック(五音階)や黒人音楽を意識したスケールを意図的に用いたものも多い。1960年代、コード分解の基本は同様ながら、教会音楽(ゴスペル)の影響が強く、ブルー・ノート・スケールやそれに近い音階や進行を使用し、オルガンやギター、ヴィブラフォンなどもフィーチャーされているジャズの総称が、ソウル・ジャズといわれている。ソウル・ジャズの代表的なミュージシャンには、キャノンボール・アダレイやラムゼイ・ルイス、ジミー・スミスなどがいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 108524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1508 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58798545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ファンキー・ジャズは、ハード・バップから派生した、あるいはその後継者的音楽と解釈される、モダン・ジャズの一分野。1950年代終盤から1960年代初頭までには確立した。ファンキー・ジャズ(ソウル・ジャズ)は、ハード・バップのうちブルースのフィーリングを強調し、ゴスペルの要素が加わった演奏形態である。黒人音楽的要素がより強く、ビバップやハード・バップに共通した要素である、コードを分解し、旋律を再構成する際に、ペンタトニック(五音階)や黒人音楽を意識したスケールを意図的に用いたものも多い。1960年代、コード分解の基本は同様ながら、教会音楽(ゴスペル)の影響が強く、ブルー・ノート・スケールやそれに近い音階や進行を使用し、オルガンやギター、ヴィブラフォンなどもフィーチャーされているジャズの総称が、ソウル・ジャズといわれている。ソウル・ジャズの代表的なミュージシャンには、キャノンボール・アダレイやラムゼイ・ルイス、ジミー・スミスなどがいる。
rdfs:label
  • ファンキー・ジャズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is foaf:primaryTopic of