Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ファロ大聖堂(ポルトガル語: Sé Catedral de Faro)は、ポルトガルのファロにあるカトリック教会の大聖堂。大聖堂が建てられている場所は、かつて古代ローマ時代はフォルムが建てられており、その後のイスラーム支配下ではモスクが建てられていた。レコンキスタによって12世紀にポルトガル王国が建国され、その後13世紀になってブラガ大主教D. João Viegasが聖母マリアに捧げるためにこの大聖堂を建てた。1540年にジョアン3世が司教座聖堂の地位を、シルヴェス大聖堂からこの大聖堂に移したが、1596年にイングランド王国のエセックス伯による攻撃で破壊され、1722年と1755年の地震によっても大きな被害を受けた。その後、塔の1階部分と2つのチャペル部分を除いて改築された。建物内部は3つの身廊が並んでいる形状で、トスカナ式オーダーの柱で支えられており、中央身廊の内陣には聖母マリア、聖ペテロと聖パウロの像が飾られている。聖堂内の装飾品は17世紀から18世紀にかけてのものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3093035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53825722 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 37.013333333333335 -7.934722222222222
rdf:type
rdfs:comment
  • ファロ大聖堂(ポルトガル語: Sé Catedral de Faro)は、ポルトガルのファロにあるカトリック教会の大聖堂。大聖堂が建てられている場所は、かつて古代ローマ時代はフォルムが建てられており、その後のイスラーム支配下ではモスクが建てられていた。レコンキスタによって12世紀にポルトガル王国が建国され、その後13世紀になってブラガ大主教D. João Viegasが聖母マリアに捧げるためにこの大聖堂を建てた。1540年にジョアン3世が司教座聖堂の地位を、シルヴェス大聖堂からこの大聖堂に移したが、1596年にイングランド王国のエセックス伯による攻撃で破壊され、1722年と1755年の地震によっても大きな被害を受けた。その後、塔の1階部分と2つのチャペル部分を除いて改築された。建物内部は3つの身廊が並んでいる形状で、トスカナ式オーダーの柱で支えられており、中央身廊の内陣には聖母マリア、聖ペテロと聖パウロの像が飾られている。聖堂内の装飾品は17世紀から18世紀にかけてのものである。
rdfs:label
  • ファロ大聖堂
owl:sameAs
geo:lat
  • 37.013332 (xsd:float)
geo:long
  • -7.934722 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of