Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ファルネーゼ家(Farnese)は、イタリアの貴族の家系。ローマ教皇、枢機卿、パルマ公などを輩出したことで知られる。トスカーナ出身のアレッサンドロ・ファルネーゼが教皇(パウルス3世、在位:1534年 - 1549年)に即位したことで勢力を伸ばした。パウルス3世はパルマとピアチェンツァを教皇領から切り離し、1545年、ピエール・ルイージが初代パルマ公になり、その後1731年まで、ファルネーゼ家がパルマ公を継いだ。ローマにアントニオ・ダ・サンガッロ、ミケランジェロが設計したファルネーゼ宮(1515年から建設、現フランス大使館)が、カプラローラにはジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラが設計したパラッツォ・ファルネーゼがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1041691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58506103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ファルネーゼ家(Farnese)は、イタリアの貴族の家系。ローマ教皇、枢機卿、パルマ公などを輩出したことで知られる。トスカーナ出身のアレッサンドロ・ファルネーゼが教皇(パウルス3世、在位:1534年 - 1549年)に即位したことで勢力を伸ばした。パウルス3世はパルマとピアチェンツァを教皇領から切り離し、1545年、ピエール・ルイージが初代パルマ公になり、その後1731年まで、ファルネーゼ家がパルマ公を継いだ。ローマにアントニオ・ダ・サンガッロ、ミケランジェロが設計したファルネーゼ宮(1515年から建設、現フランス大使館)が、カプラローラにはジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラが設計したパラッツォ・ファルネーゼがある。
rdfs:label
  • ファルネーゼ家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:王家 of
is foaf:primaryTopic of