Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ファルコンヘビー(英:Falcon Heavy)、アメリカのスペースXが2012年現在開発中の宇宙飛行用のロケット(打ち上げ機)である。以前は「ファルコン9ヘビー(Falcon 9 Heavy)」とも呼ばれていた。二段式宇宙輸送機の構造をもち、一段目・二段目ともに推進剤にLOX/RP-1の組み合わせを使っている。このロケットには多種多様な派生型が考案されている。例としては、53,000キログラム (120,000 lb)のペイロードを低軌道まで運べるもの、19,000キログラム (42,000 lb)を静止トランスファ軌道まで運べるもの、16,000キログラム (35,000 lb)を月遷移軌道に投入できるもの、14,000キログラム (31,000 lb)を火星へ投入できるものなどが計画段階にある。このロケットの打ち上げ能力は、アポロ計画で使われたサターン Vロケットの半分弱であり、その積載能力から超大型重量貨物打ち上げ機(Super heavy lifter)に分類されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2578821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57285887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:boosterengines
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:boosterfuel
prop-ja:boosters
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:boostersi
  • 海面: 275 秒
  • 真空: 304 秒
prop-ja:boostertime
  • 不明
prop-ja:caption
  • ファルコン9 と ファルコンヘビー
prop-ja:countryOrigin
prop-ja:cpl
  • $80-125M
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:fail
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:first
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:function
prop-ja:launches
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:manufacturer
prop-ja:name
  • ファルコンヘビー
prop-ja:payloadLocation
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sites
  • ヴァンデンバーグ空軍基地
  • ケープカナベラル空軍基地SLC-40
prop-ja:stage1engines
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:stage1fuel
prop-ja:stage1si
  • 海面: 275 秒
  • 真空: 304 秒
prop-ja:stage1time
  • 170 (xsd:integer)
prop-ja:stage2engines
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stage2fuel
prop-ja:stage2si
  • 真空: 342 秒
prop-ja:stage2time
  • 345 (xsd:integer)
prop-ja:stages
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:status
  • 開発中
prop-ja:success
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ファルコンヘビー(英:Falcon Heavy)、アメリカのスペースXが2012年現在開発中の宇宙飛行用のロケット(打ち上げ機)である。以前は「ファルコン9ヘビー(Falcon 9 Heavy)」とも呼ばれていた。二段式宇宙輸送機の構造をもち、一段目・二段目ともに推進剤にLOX/RP-1の組み合わせを使っている。このロケットには多種多様な派生型が考案されている。例としては、53,000キログラム (120,000 lb)のペイロードを低軌道まで運べるもの、19,000キログラム (42,000 lb)を静止トランスファ軌道まで運べるもの、16,000キログラム (35,000 lb)を月遷移軌道に投入できるもの、14,000キログラム (31,000 lb)を火星へ投入できるものなどが計画段階にある。このロケットの打ち上げ能力は、アポロ計画で使われたサターン Vロケットの半分弱であり、その積載能力から超大型重量貨物打ち上げ機(Super heavy lifter)に分類されている。
rdfs:label
  • ファルコンヘビー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of