Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザ・ファビュラス・カンガルーズ(The Fabulous Kangaroos)は、プロレスのタッグチーム。ブッシュハットを被りブーメランを手に持ったオーストラリア出身のヒールとして、NWAやWWWFなど北米の主要テリトリーで活躍した。歴代のメンバーによって1950年代後半から1980年代前半にかけて活動したが、本項では初代のアル・コステロ&ロイ・ヘファーナン、および便宜上2代目のカンガルーズとされるアル・コステロ&ドン・ケントのコンビを中心に記述する。なお、1974年2月に新日本プロレス、1976年1月に全日本プロレスに来日したザ・ロイヤル・カンガルーズ(ロード・ジョナサン・ボイド&ノーマン・フレデリック・チャールズ3世)はコピー版の別チームである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3225514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57545969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザ・ファビュラス・カンガルーズ(The Fabulous Kangaroos)は、プロレスのタッグチーム。ブッシュハットを被りブーメランを手に持ったオーストラリア出身のヒールとして、NWAやWWWFなど北米の主要テリトリーで活躍した。歴代のメンバーによって1950年代後半から1980年代前半にかけて活動したが、本項では初代のアル・コステロ&ロイ・ヘファーナン、および便宜上2代目のカンガルーズとされるアル・コステロ&ドン・ケントのコンビを中心に記述する。なお、1974年2月に新日本プロレス、1976年1月に全日本プロレスに来日したザ・ロイヤル・カンガルーズ(ロード・ジョナサン・ボイド&ノーマン・フレデリック・チャールズ3世)はコピー版の別チームである。
rdfs:label
  • ファビュラス・カンガルーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of