ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。学名はCapsicum annuum L. 'grossum' であり、トウガラシの栽培品種に分類される。果肉は種子以外ほとんど空洞である。 日本の店頭で食用として販売されるものは、明治初頭にアメリカから伝わったイスパニア種を品種改良した中形で緑色のものが多いが、近年はカラーピーマンも出回っている。緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもある。北米では大形の成熟した様々な色のものが流通する。その他に、未成熟で白色や、黒色(濃い紫色)、紫色のものもある。加熱すると緑色に変化し、熟すると橙色、赤色に変わる。 日本語における「ピーマン」の由来は、広義のトウガラシを指すフランス語の「piment」ピマンあるいはスペイン語の「pimiento」ピメントとされる。明治期では西洋とうがらし、甘とうがらしとも。

Property Value
dbo:abstract
  • ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。学名はCapsicum annuum L. 'grossum' であり、トウガラシの栽培品種に分類される。果肉は種子以外ほとんど空洞である。 日本の店頭で食用として販売されるものは、明治初頭にアメリカから伝わったイスパニア種を品種改良した中形で緑色のものが多いが、近年はカラーピーマンも出回っている。緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもある。北米では大形の成熟した様々な色のものが流通する。その他に、未成熟で白色や、黒色(濃い紫色)、紫色のものもある。加熱すると緑色に変化し、熟すると橙色、赤色に変わる。 日本語における「ピーマン」の由来は、広義のトウガラシを指すフランス語の「piment」ピマンあるいはスペイン語の「pimiento」ピメントとされる。明治期では西洋とうがらし、甘とうがらしとも。 (ja)
  • ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。学名はCapsicum annuum L. 'grossum' であり、トウガラシの栽培品種に分類される。果肉は種子以外ほとんど空洞である。 日本の店頭で食用として販売されるものは、明治初頭にアメリカから伝わったイスパニア種を品種改良した中形で緑色のものが多いが、近年はカラーピーマンも出回っている。緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもある。北米では大形の成熟した様々な色のものが流通する。その他に、未成熟で白色や、黒色(濃い紫色)、紫色のものもある。加熱すると緑色に変化し、熟すると橙色、赤色に変わる。 日本語における「ピーマン」の由来は、広義のトウガラシを指すフランス語の「piment」ピマンあるいはスペイン語の「pimiento」ピメントとされる。明治期では西洋とうがらし、甘とうがらしとも。 (ja)
dbo:binomial
dbo:class
dbo:colourName
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
dbo:division
dbo:family
dbo:genus
dbo:kingdom
dbo:order
dbo:phylum
dbo:species
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3137 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 4678 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80030036 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:betacaroteneUg
  • 208 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 4.64
prop-ja:cholineMg
  • 5.500000 (xsd:double)
prop-ja:fat
  • 0.17
prop-ja:fiber
  • 1.7
prop-ja:folateUg
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 0.340000 (xsd:double)
prop-ja:kcal
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:kj
  • 84 (xsd:integer)
prop-ja:luteinUg
  • 341 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.122000 (xsd:double)
prop-ja:monofat
  • 0.008
prop-ja:name
  • ピーマン(Peppers, sweet, green, raw) (ja)
  • ピーマン(Peppers, sweet, green, raw) (ja)
prop-ja:niacinMg
  • 0.480000 (xsd:double)
prop-ja:pantothenicMg
  • 0.099000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • 0.062
prop-ja:potassiumMg
  • 175 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 0.86
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.028000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:satfat
  • 0.058
prop-ja:seleniumΜg
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:sodiumMg
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:sourceUsda
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sugars
  • 2.4
prop-ja:thiaminMg
  • 0.057000 (xsd:double)
prop-ja:vitaUg
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:vitb12Ug
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.224000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 80.400000 (xsd:double)
prop-ja:vitdIu
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:viteMg
  • 0.370000 (xsd:double)
prop-ja:vitkUg
  • 7.400000 (xsd:double)
prop-ja:water
  • 93.89
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 0.130000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • ピーマン (ja)
  • ピーマン (ja)
prop-ja:和名
  • ピーマン (ja)
  • ピーマン (ja)
prop-ja:学名
  • Capsicum annuum L. var. 'grossum' (ja)
  • Capsicum annuum L. var. 'grossum' (ja)
prop-ja:
  • トウガラシ属 Capsicum (ja)
  • トウガラシ属 Capsicum (ja)
prop-ja:栽培品種
  • ピーマン C. annuum var. 'grossum' (ja)
  • ピーマン C. annuum var. 'grossum' (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • ピーマン (ja)
  • ピーマン (ja)
prop-ja:
  • 植物界 Plantae (ja)
  • 植物界 Plantae (ja)
prop-ja:
  • ナス目 Solanales (ja)
  • ナス目 Solanales (ja)
prop-ja:
  • ナス科 Solanaceae (ja)
  • ナス科 Solanaceae (ja)
prop-ja:
  • トウガラシ C. annuum (ja)
  • トウガラシ C. annuum (ja)
prop-ja:
  • 双子葉植物綱 Magnoliopsida (ja)
  • 双子葉植物綱 Magnoliopsida (ja)
prop-ja:
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
prop-ja:英名
  • bell pepper (ja)
  • bell pepper (ja)
prop-ja:
  • 被子植物門 Magnoliophyta (ja)
  • 被子植物門 Magnoliophyta (ja)
dc:description
  • ピーマン
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。学名はCapsicum annuum L. 'grossum' であり、トウガラシの栽培品種に分類される。果肉は種子以外ほとんど空洞である。 日本の店頭で食用として販売されるものは、明治初頭にアメリカから伝わったイスパニア種を品種改良した中形で緑色のものが多いが、近年はカラーピーマンも出回っている。緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもある。北米では大形の成熟した様々な色のものが流通する。その他に、未成熟で白色や、黒色(濃い紫色)、紫色のものもある。加熱すると緑色に変化し、熟すると橙色、赤色に変わる。 日本語における「ピーマン」の由来は、広義のトウガラシを指すフランス語の「piment」ピマンあるいはスペイン語の「pimiento」ピメントとされる。明治期では西洋とうがらし、甘とうがらしとも。 (ja)
  • ピーマンはナス科の一年草、およびその果実。学名はCapsicum annuum L. 'grossum' であり、トウガラシの栽培品種に分類される。果肉は種子以外ほとんど空洞である。 日本の店頭で食用として販売されるものは、明治初頭にアメリカから伝わったイスパニア種を品種改良した中形で緑色のものが多いが、近年はカラーピーマンも出回っている。緑色は未成熟の果実のためであり、成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもある。北米では大形の成熟した様々な色のものが流通する。その他に、未成熟で白色や、黒色(濃い紫色)、紫色のものもある。加熱すると緑色に変化し、熟すると橙色、赤色に変わる。 日本語における「ピーマン」の由来は、広義のトウガラシを指すフランス語の「piment」ピマンあるいはスペイン語の「pimiento」ピメントとされる。明治期では西洋とうがらし、甘とうがらしとも。 (ja)
rdfs:label
  • ピーマン (ja)
  • ピーマン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ピーマン (ja)
  • bell pepper (ja)
  • ピーマン (ja)
  • bell pepper (ja)
is dbo:ingredient of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:minorIngredient of
is prop-ja:嫌いなもの of
is prop-ja:苦手な食べ物 of
is foaf:primaryTopic of