Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Person/height
  • 172.0
dbpedia-owl:abstract
  • ピーター・リード(Peter Reid、1956年6月20日 - )は、イングランド・マージーサイド・フイトン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションは守備的ミッドフィールダー。選手としては守備的ミッドフィールダーとして一時代を築いた。1974年にボルトン・ワンダラーズFCからデビュー。1982年にはエヴァートンFCに移籍し、選手生活で最も輝かしい期間を過ごした。国内外でいくつものタイトルを獲得し、1985年にはPFA年間最優秀選手賞を受賞した。この年には初めてイングランド代表に招集され、1986 FIFAワールドカップとUEFA欧州選手権1988に出場した。イングランド代表では通算13試合に出場している。1989年には短期間だがクイーンズ・パーク・レンジャーズに在籍し、同年末にはマンチェスター・シティFCに移籍し、選手兼任監督として2度の5位に導いた。マンチェスター・C退団後には選手復帰を説得され、短期間だがサウサンプトンFC、ノッツ・カウンティFC、バリーFCでプレーした。1995年には完全に選手経歴を退き、サンダーランドAFCの監督に就任。2度のプレミアリーグ(1部)昇格を果たし、プレミアリーグでは2度7位となった。2002年にはサンダーランド監督を退任し、リーズ・ユナイテッドAFCをフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)降格から救った。2004年にコヴェントリー・シティFC監督に就任したが、在任期間は1年に満たなかった。2008年から2009年にはタイ代表監督を務め、2009-10シーズンにはストーク・シティFCでアシスタントコーチを務めた。2010-2011シーズンにはプリマス・アーガイルFCの監督を務めた。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1956-06-20 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:commonName
  • ピーター・リード
dbpedia-owl:height
  • 1.720000 (xsd:double)
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2751816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58007711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 1031 (xsd:integer)
  • 6648 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Peter Reid
prop-ja:title
  • - 出場大会
prop-ja:titlestyle
  • background:white; color:#0B0B3F; border:1px solid #0B0B3F
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルファベット表記
  • Peter Reid
prop-ja:カタカナ表記
  • ピーター・リード
prop-ja:クラブ
  • サウサンプトン
  • ボルトン
  • エヴァートン
  • 通算
  • ノッツ・カウンティ
  • マンチェスター・C
  • QPR
  • バリー
prop-ja:ポジション
prop-ja:代表
  • U-21
prop-ja:代表出場
  • 6 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:代表年
  • 1977 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:代表得点
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:出場
  • 1 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 29 (xsd:integer)
  • 103 (xsd:integer)
  • 159 (xsd:integer)
  • 225 (xsd:integer)
  • 529 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
prop-ja:名前
  • ピーター・リード
prop-ja:
  • 1974 (xsd:integer)
  • 1982 (xsd:integer)
  • 1989 (xsd:integer)
  • 1990 (xsd:integer)
  • 1993 (xsd:integer)
  • 1994 (xsd:integer)
prop-ja:得点
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 23 (xsd:integer)
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Peter Reid Sunderland 1998small.jpg
prop-ja:監督チーム
  • コヴェントリー
  • リーズ
  • サンダーランド
  • プリマス
  • U-21
  • マンチェスター・C
  • カメリアンズ
prop-ja:監督年
  • 1990 (xsd:integer)
  • 1995 (xsd:integer)
  • 1999 (xsd:integer)
  • 2003 (xsd:integer)
  • 2004 (xsd:integer)
  • 2008 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1956-06-20 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 172.0
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ピーター・リード(Peter Reid、1956年6月20日 - )は、イングランド・マージーサイド・フイトン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションは守備的ミッドフィールダー。選手としては守備的ミッドフィールダーとして一時代を築いた。1974年にボルトン・ワンダラーズFCからデビュー。1982年にはエヴァートンFCに移籍し、選手生活で最も輝かしい期間を過ごした。国内外でいくつものタイトルを獲得し、1985年にはPFA年間最優秀選手賞を受賞した。この年には初めてイングランド代表に招集され、1986 FIFAワールドカップとUEFA欧州選手権1988に出場した。イングランド代表では通算13試合に出場している。1989年には短期間だがクイーンズ・パーク・レンジャーズに在籍し、同年末にはマンチェスター・シティFCに移籍し、選手兼任監督として2度の5位に導いた。マンチェスター・C退団後には選手復帰を説得され、短期間だがサウサンプトンFC、ノッツ・カウンティFC、バリーFCでプレーした。1995年には完全に選手経歴を退き、サンダーランドAFCの監督に就任。2度のプレミアリーグ(1部)昇格を果たし、プレミアリーグでは2度7位となった。2002年にはサンダーランド監督を退任し、リーズ・ユナイテッドAFCをフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)降格から救った。2004年にコヴェントリー・シティFC監督に就任したが、在任期間は1年に満たなかった。2008年から2009年にはタイ代表監督を務め、2009-10シーズンにはストーク・シティFCでアシスタントコーチを務めた。2010-2011シーズンにはプリマス・アーガイルFCの監督を務めた。
rdfs:label
  • ピーター・リード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Peter Reid
  • ピーター・リード
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of