Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピリジン (pyridine) は化学式 C5H5N、分子量 79.10 の複素環式芳香族化合物のアミンの一種である。ベンゼンに含まれる6つの C−H 構造のうち1つが窒素原子に置き換わった構造をもつ。融点 −41.6°C、沸点 115.2°C、常温では特異な悪臭を持つ液体。石油に含まれるほか、誘導体(ピリジンアルカロイド)が植物に広範に含まれる。ニコチンやピリドキシンなどもピリジン環を持つ。酸化剤として知られるクロロクロム酸ピリジニウム (PCC) の原料として重要。また有機合成において溶媒として用いられる。消防法による危険物(第四類 引火性液体、第一石油類)に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への届出が必要である。
dbpedia-owl:imageSize
  • 90 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • ピリジン
  • Pyridine
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 86444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57298852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Pyridine-2D-full.svg
  • Pyridine-CRC-MW-3D-balls.png
prop-ja:imagefiler
  • Pyridine-CRC-MW-3D-vdW.png
  • Pyridine_numbers.svg
prop-ja:imagenamel
  • ピリジンのケクレ構造式
  • ピリジンの球棒モデル
prop-ja:imagenamer
  • ピリジンの空間充填モデル
  • ピリジンの骨格構造式
prop-ja:imagesizel
  • 120 (xsd:integer)
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 90 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • ピリジン
  • Pyridine
prop-ja:othernames
  • アザベンゼン
  • アジン
prop-ja:verifiedrevid
  • 414415928 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ピリジン (pyridine) は化学式 C5H5N、分子量 79.10 の複素環式芳香族化合物のアミンの一種である。ベンゼンに含まれる6つの C−H 構造のうち1つが窒素原子に置き換わった構造をもつ。融点 −41.6°C、沸点 115.2°C、常温では特異な悪臭を持つ液体。石油に含まれるほか、誘導体(ピリジンアルカロイド)が植物に広範に含まれる。ニコチンやピリドキシンなどもピリジン環を持つ。酸化剤として知られるクロロクロム酸ピリジニウム (PCC) の原料として重要。また有機合成において溶媒として用いられる。消防法による危険物(第四類 引火性液体、第一石油類)に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への届出が必要である。
rdfs:label
  • ピリジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アザベンゼン
  • アジン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of