Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピョートル・アレクセイヴィチ・クロポトキン(Пётр Алексе́евич Кропо́ткин, Pjotr Aljeksjejevich Kropotkin, 1842年12月9日 - 1921年2月8日)は、ロシアの革命家、政治思想家であり、地理学者、社会学者、生物学者。著書に『パンの征服』(1892年)、『田園・工場・仕事場』(1898年)、『相互扶助論』(1902年)などがある。プルードン、バクーニンと並んで、近代アナキズムの発展に尽くした人物であり、学者としての長年の考証的学術研究に基づき、当時一世を風靡した社会進化論やマルクス主義を批判し、相互扶助を中心概念に据えた無政府共産主義を唱えた。その思想は、社会運動のみならず文学にも影響を与えた。その生涯は、自伝『ある革命家の思い出』とナターリア・マリア・ピルーモヴァの『クロポトキン伝』に詳しい。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 146739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59076451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • ピョートル・クロポトキン
prop-ja:思想
prop-ja:投獄
  • 1874 (xsd:integer)
prop-ja:没地
prop-ja:没年
  • 1921-02-08 (xsd:date)
prop-ja:生地
  • モスクワ
prop-ja:生年
  • --12-09
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • 1900 (xsd:integer)
prop-ja:通称
  • 「アナキスト・プリンス」
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピョートル・アレクセイヴィチ・クロポトキン(Пётр Алексе́евич Кропо́ткин, Pjotr Aljeksjejevich Kropotkin, 1842年12月9日 - 1921年2月8日)は、ロシアの革命家、政治思想家であり、地理学者、社会学者、生物学者。著書に『パンの征服』(1892年)、『田園・工場・仕事場』(1898年)、『相互扶助論』(1902年)などがある。プルードン、バクーニンと並んで、近代アナキズムの発展に尽くした人物であり、学者としての長年の考証的学術研究に基づき、当時一世を風靡した社会進化論やマルクス主義を批判し、相互扶助を中心概念に据えた無政府共産主義を唱えた。その思想は、社会運動のみならず文学にも影響を与えた。その生涯は、自伝『ある革命家の思い出』とナターリア・マリア・ピルーモヴァの『クロポトキン伝』に詳しい。
rdfs:label
  • ピョートル・クロポトキン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:影響を受けたもの of
is foaf:primaryTopic of