Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピナトゥボ山(ピナツボ山、Mt. Pinatubo)は、フィリピンのルソン島西側にある火山である。1991年に20世紀における最大規模の大噴火を引き起こした。噴火前に1745mあった標高は、噴火後に1486mまで低くなっている。サンバレス州・バターン州・パンパンガ州の境界上に位置し、マニラから約95km離れている。1991年までは、ひどく侵食を受けた目立たない山だった。密林が山を覆い、先住民・アエタ族の数千もの人口を支えていた。アエタ族は、1565年にスペインがフィリピンを征服したときに、低地から山へ逃がれた人々である。1991年6月の噴火はおよそ400年振りに起きたもので、その規模と激しさは20世紀最大級だったが、噴火のピークを予測することに成功して、周辺地域から数万人を避難させ多くの人命が救われた。しかし、周辺地域では火砕流と火山灰に加え、火山堆積物に雨水がしみこんで流動化する火山泥流が発生して、田畑、集落、街を埋没させ、数千戸の家屋が倒壊するなど、周辺の5州におよび、被害者総数120万人に達する多大な被害を出した。火山泥流は噴火後も毎年のように発生し続けている。噴火の影響は世界中に及んだ。1883年のクラカタウ噴火以来の大量の大気エアロゾル粒子が成層圏に放出され、全球規模の硫酸エアロゾル層を形成し何か月も残留した。それにより地球の気温が約0.5℃下がり、オゾン層の破壊も著しく進んだ。
dbpedia-owl:address
  • ・ルソン島
dbpedia-owl:alpsGroup
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 269047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58945179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ピナトゥボ山
prop-ja:山系
prop-ja:所在地
  • ・ルソン島
prop-ja:標高
  • 1486 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • --06-12
prop-ja:種類
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ピナトゥボ山(ピナツボ山、Mt.
rdfs:label
  • ピナトゥボ山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ピナトゥボ山
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of